福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

パーソナルカラー・色彩

ようやくコスモスが!

今年はいつまでも真夏日で暑かったせいか、 コスモスも遅いように思います。 糸島市の実家の前の土手にもようやく咲きそろい、 秋風に揺れていました。 群生しているコスモス畑もありますけれど、 少し高い土手から向こうの田園風景が透けて見えるくらいの …

令和3(2021)年新春 良き年になりますように♪

ご近所の蝋梅(ロウバイ)が 新春にふさわしい彩りで満開でした。 蝋細工のように透き通る花びらが本当に美しいです♪ 明るさ、希望、幸福、喜び、温かさ、など 「黄色」にはそんなイメージがあります。 日本では太陽というと「赤」というイメージがあります…

"鬼滅の刃” 衣装の色が気になる♪

アニメには全く疎くて、この作品もまだ見たわけでもなくて、 話題にさせてもらうのは、ちょっと気が引けます、が、 稀に見るヒット作だということらしく、 さすがにあちらこちらで見聞きするようになったので、 見た目の衣装の、しかも色についてちょっとだ…

2020年の幕開け 今年も彩りで幸せに♪

世界は新年早々、物騒な話題で持ちきりですけれど、 身の回りを見る限り、 おかげさまで、穏やかな新年になりました♪ そして、はや明日は「成人の日」です。 こうやってあっという間に1月、2月、3月となるんでしょうね。 それにしても暖かな新年です。 去年…

素敵!自分色のオーダーストール♪

糸島市の工房で製作される手織りのストールをオーダーするにあたって、 自分に似合う色で作りたいと、 カラー診断をお受けいただいた方から、 「できました〜!!!」と、 見せていただきました。 数種類オーダーされたようで、 全て手染め、手織りの一品も…

黒は無難な色!?

冬になってコートの季節になりましたが、 コートからバック、ブーツまで全て黒づくめの方をよくお見かけいたします。 黒には高級感、安定感、重厚さといったプラスのイメージもありますので、 そういうファッションも時にスタイリッシュで、おしゃれにみえま…

スカーフ・ストール活用講座 糸島市公民館♪

急に気温が下がり晩秋らしいお天気になりました。 参加の皆様はそれぞれご自身のスカーフやストールをたくさんお持ちになって ご参加でした。 「このスカーフ古いんですよ、もう柄が古臭いでしょ?」 ーーーーーいえいえ、スカーフには流行はありません。 し…

スカーフ・ストール講座 糸島市公民館♪

今や一年を通して大活躍のスカーフ・ストールです。 しかもスカーフはこのところまたちょっとブームになってきていますね。 首に巻く、だけではなくて、 スカーフ柄そのものが人気のようです。 小さいものではヘア飾り、バックの持ち手飾りなど、 そして化粧…

カラーコーディネート講座 色を味方に💕 糸島市♪

糸島市の公民館で 「女性の会」として長年活動されていらっしゃるグループの方を対象にした カラーコーディネート講座をさせていただきました。 カラー診断を軸にカラーコーディネートのヒントになるお話を、 とのご依頼でした。 参加者は60代、70代を中心に…

予期せぬ色との出会い 標準光ベストカラー診断♪

カラー診断をお受けいただく方の動機は様々です。 似合う色を知りたい、 似合う色がわからない、 多くはこのようにおっしゃってこられます。 先日お受けいただいた方は 自分に似合う色を知ってからストールのオーダーをしたい! という明確で具体的な動機を…

秋色ファッション ベイクドカラー⁉︎

台風一過、 夏空が戻りまた暑くなりそうです。 しかし秋物もそろそろ気になりますよね。 この秋も相変わらずビックシルエットのスタイルが流行のようですが、 色はというと、 ベイクドカラーなんていう、 ちょっと目新しい言葉が出てきています。 ベイクドカ…

ブルーベースの朝顔に雨粒♪

北部九州は久しぶりにまとまった雨の一日でした。 ご近所の玄関先に雨粒に濡れた朝顔を見つけました。 とても清楚で美しい♪ 朝顔というのは その名の通り、朝のうちしか咲いていませんから、 綺麗に咲いているのにお目にかかるのは、意外に少ない・・・♪ こ…

マロウブルー 神秘の色合い♪

鬱陶しい梅雨空の頃に、このドリンクはぴったりです♪ マロウブルー 日本名は薄紅アオイというハーブのお茶です。 水、またはお湯を注ぐと 水色から次第に濃いブルー、紫色へと色が変化していきます。 お水を注ぎしばらく置くと、じわ〜と色が出てきます。 口…

学校現場で「服育」が始まっている!

「食育」があるならば、「服育」も当然あるのかな。。。 昨日の日経新聞夕刊の「育む」欄の記事です。 制服の着こなしから始まって、物を大切にする心を養うという主な目的で、 繊維商社や教育機関が作る研究所やアパレル会社が、 学校現場で児童や生徒に「…

美味しそうに見える色♪

食欲をそそる色というのが、一般的には暖色系でオレンジ系などは その代表と言われています。 近くの通りをちょっと歩いて見ても、 食べ物屋さんの看板はやはり暖色系を使ってあるところが多いです。 名古屋が本拠地というこちらのカフェもオレンジ、茶色系…

新元号『令和』からどんな色を連想しますか?

福岡のカラーコンサルタント「イル・ド・クルール」の色彩学の講義のあと、 カラーリストの方と雑談していたところ、 「令和」と聞いて、何色を想像する? と、突然の質問が・・・ 私もカラーリストの端くれですが、 それは考えませんでしたね、、、 そうね…

深まるグリーンそして白 初夏の爽やか配色♪

令和の大型連休、やっと終わりました。 そして昨日が立夏、 暦の上ではもう夏です♪ 近くの丸隈山古墳の入り口付近にはカラーの花が無造作に たくましく、大ぶりの花を咲かせていました。 深いグリーンの葉も大きくて元気よく伸びて、 白い花もその対比でさら…

和食に「黒」の効果♪

広告写真などで、 和食が「黒」の背景でディスプレイされているととてもしっくりと 艶やかに豪華に、かつ美味しそうに見えます。 日本料理は四季折々の季節感が感じられ、色彩も豊か、 世界に誇る文化遺産であり、今や世界中から注目されています。 食材もさ…

「令和」とともに紅い口紅が復活⁉︎

先日、テレビで著名なメイクアップアーチストの方が、 平成のメイクの変遷を振り返って、 色々とコメントしてありました。 あのバブル絶頂期の派手派手しい真っ赤なルージュと、 長い巻き髪のボディコン女性軍団の映像から始まって、 バブル崩壊。。。 その…

グレイ(色)が好きな日本人♪

そうらしいんですね♪ 海外の方は日本人ほどグレイがお好きではないようで。。。 グレイという色、 日本語では「灰色」や「鼠色」と言われます。 英語では、 例えば「白髪の」とか「高齢化した」とか 「青白い」とか「陰気な」などと、 どちらかというと暗い…

配色のポイントはここ♪ 

ファッションのみならず、暮らしのあらゆる場面で色の取り合わせ、 つまり配色、コーディネートは気になるところです。 「私、センスがないから色のコーディネートには自信がなくて・・・」 とおっしゃるのをよく聞きます。 何もお悩みはファッションのこと…

なるほどね〜〜!! フランスの伝統色名♪

図書館で『フランスの伝統色』という本を見つけ、 パラパラとめくってみました。 いやびっくり! 何がって? その色名です。 日本の伝統色名にはかねてよりとても興味があって、 美しいな!と 常々感心しておりました。 日本の場合、大雑把にいうと、 平安の…

春を告げる黄色いミモザと朱色の木瓜♪

西洋では厳しい冬が終わり、春の訪れを感じさせてくれる花で、 春はこの花の黄色で始まるとも言えるそうです。 この花の黄色は希望、これから訪れるであろう幸福、その期待、 それらを象徴する色なのでしょう。 春はなんと言っても 黄色!だそうです。 日本…

スカーフ・ストール講習会 スプリングver.

糸島市の商工会館 大ホールに30数名の方々、 マイクを使って説明をしても、実際にストールを巻いたりの実演は マイク無しになってしまい、よく聞き取れなかったのではと 反省しました。 皆さん方に前に寄っていただいて、 もっと間近ですればよかったと・…

リクルートスーツはなくなる⁈

資生堂が2016 年から面接には私服でどうぞ、ということにされているそうで、 今では8割が私服で来られるようになったのだそうです。 リクルートスーツを着ていないと心配、いえ、それが当たり前 というのもなんとも不思議なことだと、 横並び、みんな一緒な…

大柄 多色使いストール お似合い世代♪ ⑵

先日、大人世代は大ぶりアクセサリーがお似合いになると 書きましたが、 同じことが、ファッションアイテムのストールやスカーフにも言えると思います。 柄があっても、 細かい柄やせいぜい地織りで変化をつけてある無地に近いものをどうしても 選びがちです…

大ぶりアクセサリー お似合い世代♪ ⑴

昔母がよく言っていました。 大きいアクセサリーがいい、と。 その頃の私は、そうかな〜、それよりも当時流行った首元に一粒ダイヤの ネッックレス、 この方がいつもつけられるし 何ににも合うし断然いい、 と思っていました。 とことが今になってみるとその…

いつものストール素敵に魅せます❗️

糸島市の地域の女性部研修会で 「ストール・スカーフの巻き方講習会」を、 させていただきました。 標準光ベストカラー診断をお受けいただいて、 ご自身を輝かせてくれる色をどんな風に取り入れていけば良いのか? そんな時 ストールは一番取り入れやすいア…

クリスマスリースに使われるあの実ですよね♪

福岡市西区 九大学研都市駅前の「楓」の街路樹です。 葉っぱの赤が日毎に濃くなってきて、多くは散ってしまっています。 ふと見上げるとその中に茶色のイガイガの丸い実がイヤリングのように幾つも垂れ下がっています。 これって松ぼっくりとともにクリスマ…

カラーアートセラピーって何? 

福岡のカラーコンサルタント イルドクルール (http://www.e-sikisai.com ) の色彩心理カラーアートセラピスト養成講座で学んでいます。 初級、中級、上級とあってその上級のそろそろ大詰めを迎えています。 カラーアートセラピーとはそもそもどんな位置付…