福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

長らくありがとうございました♪

 

九州は梅雨の真っ只中、

今日も一日蒸し暑く、時に激しい雨に見舞われました。

 

長らくカラーリスト中村秀子としてブログを書いてまいりましたが、

このあたりで一区切りつけることに致しました。

 

「カラー」というテーマで書くことは、とても勉強になりました。

 

またブログを書くということが、年々鈍くなる感性を刺激して、

ある意味、頭の体操になることはよく実感できましたので、

また別の形で書いて行こうかなと思っています。

 

とりあえず

「福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記」は

ここまでで終了させていただきます。

お付き合い下さいましてありがとうございました!

 

 

 

 

 

新緑の平原に森林、青い池 北海道♪

3泊4日で道東方面の旅、

生憎雨模様のお天気で残念でしたが、それでもその雄大な景色は車窓から

存分に楽しむことができました。

 

新千歳でレンタカーを借りるところからびっくり、

空港近くといっても広大なレンタカープール場のようなところまでがすでにちょっと遠い。

 

警察の取り締まりが多いからと聞いていたとおり、

初日の半日だけでなんと8台ものパトにお目にかかりました。

 

地元の方曰く、北海道警察、なぜか頑張っているんですよ、と。

 

道東の高速道路は所々追い越し車線があるものの、

ずっと1車線の対面通行でなんと70km規制。

 

しかも皆せいぜい75kmくらいで走るものだから、せかせか運転に慣れている

身にとっては逆に走りにくいと感じるほど。

 

高速道路に限らず一般道でも交通量は少なく、見通しも良いのに皆さんのんびり運転。

 

ところ変わればということでしょうけど、

それにしても福岡とは随分違うな、と。

 

ところがのんびりすぎる交通事情を楽しんでいる場合ではない事態発生で

慌てました。

土砂降りの雨の中、なんと周りに何もない一般道でパンクするという

最悪ハプニングにも見舞われてしまいました。

 

所々に標識のように牧場の名前が書かれた看板が立っていて、

それが唯一の目印のようなところです。

 

携帯電話がない時代はどうしたんでしょうかね?

 

現代でも雪で立ち往生なんて話はよく聞きますが、

予期せぬことはいつでも起こりうるんだなと。

 

2時間ほど待ってレッカー車が来て、30km、いえそれ以上先かもしれませんが、

そこからハイヤーも来てくれて最寄りのガソリンスタンドまで。。。

 

最寄りといってもそれがまた数十キロ先。。。

 

まぁなんとか助かりましたが。

 

なんでも除雪車から外れたなんらかの金具が雨なんか降ると、道路に流れ出てきて

パンクはよくあることらしいのです。

へえ〜〜〜〜、

やっぱりところ変わればの事情のようでした。

 

肝心の素晴らしい景色の話は後回しになってしまいました。

なだらかな丘陵地帯には牧草や小麦の緑の絨毯が広がっています。

 

ヨーロッパでもこういう景色はよくみましたが、でも丘陵地だけではなく

その後ろに緑豊かな森林が広がっていたり、山々が横たわっているのが見えるというのは

水も豊富な北海道ならではではないかと思いました。

 

富良野から美瑛にかけての丘陵地はもう少しすると花絨毯で見事なんでしょうが、

今は季節的に少し早いようでした。

 

さらにその奥の人造湖”青い池”

この日は雨が時々降る曇り空でしたので、

”青”というより”翡翠色”に見えました。

 

それはそれで神秘的でしたけれど。。。♪

 

 

 

 

初夏の夕焼け空 束の間の色彩ショー♪

糸島市の実家で外に出ると西の空が美しく、

くっきりと染まっていました。

 

急いでスマホを構えてみたものの、

あっという間にぼやけた色合いに変わってしまいました。

 

シャッターチャンスは余りに短し。。。

それでも綺麗ですよね♪

藤色とマゼンタに近い赤との間には

光の帯が。。。

 

不思議なことにここから見る夕焼けは、

オレンジ系ではなく

青みがかった赤、ブルーベースなんですよね。

 

それから自宅に帰るために車に乗り走り出すと、

なんと車の両サイドのドアミラーに夕焼けが映り込んでいて、

なんとも言えない美しさでした。

 

もちろん運転中ですし、チラッと見るだけでしたけれど、

そのいっときの迫力たるや、

なかなか凄い!

とてもラッキーな気分にさせてくれました❤️

 

 

 

 

「お揃い」色・柄 カワイイが倍増♪

糸島市

「いとのもりのおうち」でのスマホカバー作り、

一番簡単なポケットなしで作る予定が

 

やっぱりポケットはあったほうがいい!という

参加予定の皆さんからのご要望にお応えして

時間はかかりましたが、大小の二つのポケット付きスマホカバー

できました。

 

ご自分でお持ちになったハギレが素敵なスマホカバーに変身して

とても喜んでいただけました。

 

よかったです❤️

 

ところで小物をお揃い布で作るというのもまたまた

手作りならではの楽しみです。

一つよりは二つとインパクトもありますしね。。。

 

 

スマホカバーと旅行用化粧ポーチをお揃いで。。。

元気が出る華やかな色柄です♪

 

こちらは少し高さをつけたので、以前作った道具箱とお揃いで

サブ道具入れにできそうです。

 

 

ハギレで簡単スマホカバー♪

カルトナージュの余りぎれで作ったスマホカバーを持っていたら

「いとのもりのおうち」のソーイング教室の波多江先生が、

 

「お教室の生徒さんたちが端切れが余っちゃって困ってるのよね、

それちょうどいいから作り方教えてくれない?」と。

 

急遽、なるべく手間をかけずに簡単にできる方法を考えました。

それぞれのスマホにあったプラスチックケースを揃える必要があったり、

どんな生地を使われるか、など、

自分の分を作るのとは、やはりちょっと勝手が違いますが、

なんとかやってみます♪

 

手仕事は好きなので、

それぞれどんなスマホカバーが出来上がるか、楽しみです♪

 



 

 

はや! 初夏の色♪

今年は桜も早かったですが、初夏の花達もすでに満開です♪

春は短し!です。

 

福岡市西区 ご近所の神社の藤棚です。

今年はいつになく藤の房が長く立派に見えます。

 

 

 

こちらは2色のモッコウバラ

黄色が華やかですが、香りは断然白い方がいいですね。

 

 

ツツジもご覧の通り、

物凄い迫力です。

 

 

糸島の実家の大手毬も10日ほど早く咲き始め、

小手毬も今年は元気に同時に満開になっています。

 

これからしばらくはブルーベースの初夏の花盛り、

といったところでしょうか。

 

近所のため池に昨年から繁殖を始めた睡蓮がこれから季節なんでしょうね、

新芽と思しきグリーンの葉っぱが、

ぼちぼち覗いていました。

 

池の向こう岸からどんどんこちら側まで迫ってきています。

旺盛な繁殖力に見るたびに驚かされます。

 

舞鶴公園のように大輪の花が咲くようになってくれればいいのにと

思います♪

 

 

 

 

 

 

金沢 さすが加賀百万石♪


金沢はまだ桜が残っていました。

クラシックな香りだだよう素敵な街ですね。

戦災を受けていないことや、京都に近いこともあるのでしょうか。

 

兼六園は早朝に訪れたせいもあって、人もまばらでゆっくりと散策できました。

大きな池があちこちに作られていて、

こんな高台にどうやって水を引いたんだろうかと不思議でしたが、

調べてみると、

なんでも350年前にとてつもない治水工事をしかも突貫工事でやり遂げたという

日本屈指の治水工事の歴史を持ったところだそうです。

 

百万石の為せるところですね。

上品な和菓子の店が多いですし、色鮮やかな九谷焼、そしてお寿司の上にも

金箔が載せてあるあたり、

華やかな文化の繁栄と伝統を感じます♪

 

郊外の田園地帯もかなり車で走りましたが、

土地が平坦なんでしょうか、

一つ一つの田んぼの規模が大きくて、広大な穀倉地帯といった印象でした。

そして農村がとても農村らしいというか、

 

荒れていなくて、

整然と美しい、と感じました。

 

だから百万石なのね!

納得です。

 

石川県加賀市の渓谷 鶴仙渓 はや新緑が美しい。