福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

はちみつ色の国マルタ その4 多彩なローカルフード♪

f:id:kiraritto:20200221210018j:plain

うずらの煮物、甘辛いタレがからまって)


マルタの食べ物は魚介も、お肉も、野菜も果物も、

そしてパンも

期待通りとても美味しかったです♪

 

イタリア料理の影響はもちろん、ヨーロッパ各国の支配を受けた影響から

スペイン風、イギリス風、フランス風、

さらにアフリカ、アラブの影響も色濃く受けて、

それらが混在して独自の食文化が生まれているといった感じです。

 

ホテル街の周辺には気軽に入れるお店が並んでいて、適当に入ってみても

どこも安くてそれなりに美味しいのには驚きでした。

f:id:kiraritto:20200221210034j:plain

 

タコのサラダやタコのトマト味の煮物が柔らかくて美味しい!

日本のタコのように硬くはなくてとってもやわらか。

 

ポルトガルでもタコ料理がよく出てきましたが、日本だけじゃないんですね。

ここのはさらに日本人の口に合う味ように思いました。

f:id:kiraritto:20200221210044j:plain

お魚のスープも外見とてもシンプルですが、出汁が効いていてとても美味しい!

レモンを絞って食べるとさらに味が締まります。

 

 

f:id:kiraritto:20200221210054j:plain

ピッツァ・マルゲリータも石窯焼きがど〜んと出てきます。

これまで食べたうちで一番美味しいと思ったほど。

 

地中海性気候ですからオリーブオイルは豊富、

トマトは年に6回、ジャガイモは年に4回収穫できるといいますし、

ほとんどの野菜は地元で取れて新鮮。

 

川もないマルタストーンで覆われた土地にどうやって?

と思いますが、

水は全て海水を処理しているそうです。

 

この季節は大地に緑が多く見られましたが、夏場は乾季で逆に緑は無くなってしまうのだと聞きました。

乾季と雨季があるといっても年間300日も晴れているというのですから、

日本の常識とは全く違うようで。。。

 

どこでどうやって栽培しているのか、

植物がどうやって育つのか?

観光地をチラッと回っただけでは

その辺のところはよくわかりません。

 

けれどもとにかく食材も豊かなら、食の色彩も豊かでした!

 

トマト、トマトソースの赤、

ハーブのグリーン、

レモンの黄色、

ブラックオリーブの黒、

ポテトの白

 

食欲をそそる彩りです!

 

f:id:kiraritto:20200221210256j:plain

 (お隣シチリアのカンノーリも)

 

変わったところでは

ウサギ料理も有名なんです。こちらはちょっとパスしましたけれど。

 

また

ウチワサボテンの実のジャム、

確かスペインではウチワサボテンの果肉をサラダで食べるといっていたように

思いますが、ここでは赤い実をジャムにするという。

 

同じものでもそこそこに食べ方があるものだと。。。

 

 

 

 f:id:kiraritto:20200112160349j:plain