福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

学校現場で「服育」が始まっている!

f:id:kiraritto:20190626095811j:plain


「食育」があるならば、「服育」も当然あるのかな。。。

昨日の日経新聞夕刊の「育む」欄の記事です。

 

制服の着こなしから始まって、物を大切にする心を養うという主な目的で、

繊維商社や教育機関が作る研究所やアパレル会社が、

学校現場で児童や生徒に「服育」として授業を行う取り組みが始まっているということです。

 

衣服の素材は何か、植物からできているということを知らない児童もいたり、

衣服が出来上がるために必要なパターンやデザイン画に触れる機会を得て、ファッションの工程に携わる仕事に興味を抱く生徒もいるなど、

思わぬ効果もあっがっているといいます。

 

興味は確実に愛着へと繋がります。

 

また衣服の手入れ方法を正しく知ることが、

大切に着ることにつながるということで、

家庭での体験が乏しい現代っ子には、学校できちんと教える必要があるといいます。

 

確かにそうですよね。

アプリで簡単に不用品を売り買いできるお手軽な世の中ですから、大切に着るという意識は薄れてしまっています。

 

今流行りの「お片づけ」も、

何が自分にとって大切なのかがわからないほど、溜め込んでしまっていることが問題であって、本当に大切なものを見つけそれを大事にしましょうということです。

 

もの溢れの現代にあって、いやこれで本当にいいの?

ちょって待って!

と社会が気づき始めたということではないでしょうか?

 

 

さらに、

「衣服は言葉を使わずにコミュニケーションツールだと知って、・・・」

というくだりがありました。

服の「色」により、印象が変わることを学ぶといいます。

 

近頃では、家庭科の教科書に「パーソナルカラー」の項目が入っているものもあるそうです。

 

社会人になるための基本的な「服育」が進めば、

次には、

ところで自分を輝かせる色とはどんな色だろう?

 

人の真似はしなくていいんだよ、

自分には何が似合うんだろう?

という興味まで持っていければ、それは素晴らしいことだと思います。。。♪

 

f:id:kiraritto:20190626095826j:plain

ようやく梅雨っぽいお天気になってきました。

雨が降り出す前に、と

開きかけのカサブランカを撮りました。

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市駅 徒歩3分