福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

オーストリア ウィーン カフェ文化の街♪

f:id:kiraritto:20180602161355j:plain

カフェ文化は2011年にユネスコ無形文化遺産になったそうで、

今やザッハやデーメルといった有名店では私たちのようなお上りさんの観光客でいっぱいでした。

f:id:kiraritto:20180602161422j:plain

伝統的なカフェに認定されるには大理石のテーブルに曲木の椅子であるとか、

他にもいくつもの項目を満たした店であることが条件だそうですが、

ザッハトルテのチョコレート色やコーヒー色

しっくりとマッチするシックで重厚な内装が多いようです。

 

ただ今日のホテルザッハのカフェなどは内装にかなり派手な赤が使われていています。古典的プラス近代的センスといった感じです。

 

オーストリアはその歴史からとてもコスモポリタンな都市で、

特に19世紀末から20世紀にかけて多くの芸術家や優秀な学者、文学者、建築家などを輩出したといいます。ノーベル賞も多数。

混血が進んだことやそれまで不遇であったユダヤ人の台頭などがあったようです。

 

今日の私たちが学んでいる色彩心理の基礎とされる心理学のフロイトユング

ユダヤ人、

またちょっと前に日本でもブレイクしたアドラーなどもここウィーンで活躍したオーストリア人です。

モーツァルトやベートーベン時代にはカフェコンサートも始まりました。

 

とにかくコーヒー一杯で何時間も粘れるというカフェ文化の影響は大きかったということですね♪

 

そのコーヒー、確かに美味しいです。

美味しいコーヒーを入れるのには美味しい水が必要ですが、

ウィーンでは日本と同じようにコーヒーと一緒にお水がついてきます。

お水もとても美味しいです。

ヨーロッパでは、いえ世界でも珍しく生水が飲める国なんです!

 

f:id:kiraritto:20180602161457j:plain

(中央のグリーンは自転車専用路です。左側は車道、右横は歩道です。)

 

街路樹のが多く、ゴミもほとんどなくて綺麗です。

古いグレイッシュな建築物の中に、近代的、芸術的建築物がところどころに見られて、緑の街路樹でまとめてあります。

f:id:kiraritto:20180602161544j:plain

(旧市街の2頭立ての辻馬車フィアカー)

 

光害(色の氾濫)がなくて落ち着いた歴史文化都市です♪

ですから昼はむしろシックな町並み、

夜はクラシックなゴージャス感が漂う素敵な色合いの街に変身します♪

f:id:kiraritto:20180602161516j:plain

夜のオペラ座です。当日上演中のオペラをライブで大型スクリーンで上映しています。

前のベンチや道路を挟んだところのカフェに座って市民が楽しんでいます♪)

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪