福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

さすが!イタリア その9 南イタリア グレーと白の世界遺産

樹々が豊かな南イタリアを想像していたところ、

平野部はほとんど木はないんですね。

意外に単調な風景が多いのにも驚きました。

f:id:kiraritto:20180321205134j:plain

牧草地でしょうか、小麦の産地でもあるということですが、

オリーブ畑やぶどう畑はありましたが、こういうなだらかな平原が

続いていました。

 

f:id:kiraritto:20180321205226j:plain

ナポリから向かった先は、マテーラ、

サッシと呼ばれる石灰岩に穴を開けて作られた洞窟住居です。

元は東方のキリスト教徒が異教徒からの迫害を逃れて洞窟に住み着いたのが始まりだそうで、トルコやアジアの方で、やはりこういう住居が見られるのだそうです。

いわば隠れキリシタン? 右上の頂上に十字架が見えます。

 

外見はご覧の通り、グレー一色の奇妙な岩山です。

近年では、周辺の農地で働く貧しい小作農が、電気もガスもなく住んでいた、

いわば取り残された地域だったといいます。

 

灰色の住居はどう見ても明るい南イタリアのイメージとは違います。

一見廃墟のように見えます。 

 

中を歩くと石段がくねくねと続く迷路のようになっています。

少なくとも外から眺めた暗いイメージとは違い、明るい南国の雰囲気が

感じられるのですけれど・・・。

f:id:kiraritto:20180325212740j:plain

 

もちろん今でも人々が生活していて、世界遺産に指定されてからは、

レストランやホテルもできています。

 

 

中のレストランで食事をしましたが、どこまで掘ってあるの?と

驚くほど、深く階段を下って続く白い洞窟になっていました。

ここで出されたパンは素朴な窯焼きパンのようで、とても美味しいと

思いました♪

 

年中暑くもなく、寒くもなく、実はとても快適な住まいなんだそうです。

 

f:id:kiraritto:20180321205327j:plain

こちらは奇妙なとんがり屋根で有名になった世界遺産

アルベロベッロです。

同じく石灰住居で、距離的にもマテーラからそんなに離れていないのですが、

雰囲気はとてもメルヘンチック、

しかも色合いも違います。

 

真っ白い壁に濃いグレーの石の屋根

 

屋根はドーム状に石を平らに積み重ねてあります。

接着剤などは一切使わないのに、決して雨漏りしないのだそうです。

屋根に描かれた文字の意味など、まだ解明されていない点も多いのだと。

 

お店にもなっている住居の中を見せていただきましたが、

やはり快適な住まいのようです。

 

同じイタリアに、しかも同じ石灰住居で、しかもこんなに近くに

こうも趣が違うものが あるということに驚きますね。

 

色々な民族が侵入してきて、住み着いた歴史を持つ国ですから、

おそらくは作った人々も、また目的も違ったわけですよね。

 

f:id:kiraritto:20180321205509j:plain

さすがイタリア!

バラエティーに富んでいます♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪