福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

さすが!イタリア その5ヴェネツィア 栄華の痕跡

f:id:kiraritto:20180320210803j:plain

サンマルコ寺院やサンマルコ広場で有名なヴェネツィアの中心部は

そもそも島なんですね。

 

ヴェネツィア本島という言い方をしていましたが、車は入れません。

水上バスに10分ほど乗って着きました。

 

f:id:kiraritto:20180320211359j:plain

街の印象はとにかく古い!

夏の観光シーズンでもないし、今にも降り出しそうなお天気でもあったので、

余計にそんな風に感じたのかもしれませんが・・・。

 

f:id:kiraritto:20180320211151j:plain

青緑色の運河、黒いゴンドラに赤いシート、

静かなヴェネツィアの朝です。

 

ところでこのヴェネツィア

水の中に大量のカラマツの木の杭を打ち込んで、その上に石を積んで・・・、

大理石の飾りをつけて・・・、できていると聞きました。

 

木の杭とは意外、しかも大量に!

だから地震に強い!

 

ヴェネツィアの上には森はない、森は下にあると言われるそうで。。。

 

 

そういえば、ヴェネツィアの衰退の要因の一つに森林資源の枯渇があると、

つまりガレー船建造のために大量の木材を伐採し続け、植林をしなかったと

本で読み、えっそんなことで?と思いましたが、

船だけでなく、地中にも大量の木材となると、それはそうかもしれない

という気がします。

 

 

 

かつてはヴェネツィア共和国として、十字軍にも参加し、

東方のビザンツ帝国領の一部をも獲得して、

ガレー船を操り、東西貿易の中継地として繁栄を極めたと

いいますから相当なものです。

 

f:id:kiraritto:20180320210841j:plain

 

サンマルコ寺院もこの写真ではドーム状の上部が写っていませんが、

一見モスクのような印象です。

中近東から職人を呼んで、ビザンチン様式で建てさせたというのですから、

そうなんでしょうね。

 ここにも色大理石の円柱が並んでいます。

 

かつてはとてつもなくエキゾチックで、経済、文化すべてにおいての

先進都市であったのだろうと想像できます。

 

 

サンマルコ寺院のステンドグラスはヴェネチアングラス。

ステンドグラスといっても、鮮やかな色ガラスのものとは趣が違います。

はめ込まれている小さなガラスは黒っぽく見えました。

ちょうど上部の格子状になっているところです。

やはり古さを感じます。

 

壁面に色鮮やかに描かれた宗教画もフレスコ画なのかと思いきや、

ヴェネチアンガラスの細かなガラス片のモザイクだそうで、

とてつもなく手の込んだ装飾です。

ガラスと24金の金箔が大量に使われているために「黄金の教会」

とも言われたそうです。

 

 

またそこかしこに十字軍遠征の戦利品だという彫刻や彫像などの美術品が

むき出しの状態で鎮座しているのには驚かされます。

 

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪