福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

さすが!イタリア その4フィレンツェ 花の大聖堂

f:id:kiraritto:20180320140233j:plain

正式名称は

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の聖母教会ドゥオーモ)

 

石積み建築としては世界最大の8角形のクーポラ(ドーム)は、

フィレンツェのシンボルです。

 

古代ローマ時代にフロレンティナ(花咲く地)と呼ばれ、

中世の市名フィオレンツァ(花の町)に由来するのか、

大聖堂にも「花の」が付いています。

 

まさに花の蕾のようでもあります。

クーポラは1296年着工、困難を極め1436年に完成。

 

f:id:kiraritto:20180320140507j:plain

このックーポラを含めて、上からの街並みの写真はあまりにも有名です。

しかし実際に行って見て驚いたことには、

全容はその写真の印象とは全く違いました。

 

街並みの屋根の色はオレンジ色と言いますか、くすんだ黄赤です。

フィレンツェのあるトスカーナ地方は古代よりフレスコ画などの重要な顔料になる

で有名なところで、土地の名前が今日でも色名として残っているほどです。

 

ローシェンナ(シエナ)、バーントシェンナなど・・・、

街並みの屋根の色はまさにここの土の色なんだと思いました。

 

このクーポラも、色はというと、同じくとても温かみのある素朴な色

それだけを見ていると、

きっと古びた中世の大聖堂なんだろうなと想像していました。

 

f:id:kiraritto:20180320140330j:plain

 

なんのなんの全然違いました!

実際に歩いてみて見るとファサード(正面)を含め外壁全ての印象は、

モダンとも思えるほど対照的な趣です。

 

全体的に白く冷たく新しい印象なのです。

これには驚きました。

少なくともこれまで見てきたゴシック建築などの大聖堂などとは

到底 趣が違いました。

 

それもそのはず、

やはりフィレンツェ周辺の産地から取り寄せられた

白、ピンク、緑の三色の大理石で覆われているのです。

イタリアは大理石も有名なんですね♪

 

モダンなパステルカラーの大理石で見事なまでのレリーフや彫刻、装飾が施されています。

写真では色や細やかな装飾がよく伝わりませんが、

「花の・・・」というだけありますね。

 

それはそれは 息を呑む美しさ です♪

 

クーポラに比べて新しいと感じたのは、大理石の外壁だということと、

13世紀から19世紀に至るまで改良、補修が繰り返されて完成したという

経緯があったからでした。

なんと完成までに600年間を費やしています。

 

ここまでの大理石の外壁は世界的にみて、とても珍しいのだそうです。

 

白、ピンク、緑・・・、そういえばイタリアンカラーですね♪

 

抜群の色彩感覚と 造形美 斬新なデザイン力、

さすが イタリア‼️

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪