福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

魅惑のシフォン♪

f:id:kiraritto:20180121101836j:plain

厚手のマフラーから薄手のストールへ・・・、

春近しということで店頭のデスプレイも変わっています。

 

ごく薄手のものといえばシフォンのストール

今でこそ化学繊維でシルクの質感に似せたものや

エコ素材のものが多く出回っていますが、

元々はごく細い糸で織られた、薄くて、軽くて、透けて見えるほどの平織りの

絹織物を言いました。

 

洋菓子に シフォンケーキ というのがあります。

ふんわりのスポンジ好きの日本人にとってもとても人気の洋菓子です。

この「シフォン」はまさに薄くて柔らかな絹織物の「シフォン」のようだということで名付けられました。

 

多くの洋菓子がヨーローパ生まれなのに対して、珍しくアメリカ生まれです。

 

バターの代わりにサラダ油やオリーブ油などをたっぶり使用し、また

水分(果汁であったり、紅茶であったりします)を多く混ぜ込むために

普通のスポンジよりきめ細かく、しっとりと軽く仕上がります。

 

アメリカ生まれですから製法はいたって簡単ですが、

焼き型だけは特殊です。

 

生地が軽すぎて普通の焼き型ではふんわりしたかと思うと冷めると落ち込んでしまいますので、

このような中心に煙突のような支え棒付きの焼き型が必要です。

生地が膨らんでいくに従い、その型に張り付いてもらって形を作って焼き上げます。

ですから間違っても型にバターなどを塗ってはいけないわけです。

生地が張り付かず膨らみません。

 

焼けた後は生地が沈み込まないように冷めるまでは

型ごとひっくり返して冷まします。

ちょっと、そういう気遣いの必要なケーキではあります。

 

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、

とにかく

それだけ魅力的な質感 シフォン なのでしょう。

 

ストールのシフォンに戻りますが、

厚手のマフラーなどに比べて、柔らかく繊細すぎて、

これをオシャレに使いこなすとなるとちょっと技が必要です。

 

でもこの柔らかい繊細なシフォンをその通りのイメージにファッションに

取り入れることができたならば、

これはとても素敵なことだと・・・。

 

カラーリストはお似合いになる色、柄を含めてその活用術も

お伝えしていきたいと思っています♪

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪