福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

長崎 異国情緒の今昔♪

f:id:kiraritto:20180108095659j:plain

新年の長崎、

今にも降り出しそうな雲が立ち込めた冬日でした。

街中を観光するのは、数十年?ぶり・・・。

 

眼鏡橋も、緑みを帯びた川面にゆらゆらと白壁の建物が写り込んで、

本物のレンズのようです。

 

「出島」もこんなに整備されていたんですね。

f:id:kiraritto:20180108095740j:plain

 

かつて「グラバー邸」と言っていたところは「グラバー園」として

いくつもの同時期の建物が移築され、こちらも大々的に観光地化されていました。

 

 季節外れですし、中国や韓国人の観光客の方が多いかも、と。

f:id:kiraritto:20180108095802j:plain

何よりも驚いたのは、そのグラバー邸から見た長崎港の風景です。

松ケ枝岸壁に巨体を横付けしているのは、中国からのクルーズ船のようです。

船の上部には「ノルウェージャン・ジョイ」という横文字。

 

 

調べて見ましたら、中国人観光客専用のアジア就航クルーズ船で、

なんと乗客約4000名弱、16万8千トン、

世界最大級の超巨大クルーズ船でした。

そうでしょうね、こんなの初めて見ました。

 

そう言われれば、船体の横や上部に中国人好みの派手な装飾が見られます。

 

近年博多港にも大型クルーズ船がいつも停泊していて、驚いていましたが、

それでもここまで大きいものは無理らしいです。

随分と大工事をして浚渫したそうですが、やはり水深がないんですよね。

 

ポルトガル、スペインに始まり、鎖国時代のオランダ、イギリスなど

世界との唯一の窓口であった長崎出島、

 

今では、

お隣中国からこんな巨大クルーズ船が大量の観光客を乗せて入港する国際港です。

 

そうこう言って驚いて見ていたところ、

船上でお祭り騒ぎのような爆音がしていたかと思うと、

これまたものすごい汽笛が鳴って、ゆっくりとその船体が動き始めました。

 

ちょうど出航でした。

次はどちらに行くんでしょうか?

 

 

見える景色は変わっても、

今も昔も 国際都市 ナガサキ ですね♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪