福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

味わい深いマルティグラス♪ はかた伝統工芸

f:id:kiraritto:20170806173904j:plain

 

はかた伝統工芸には博多織や博多人形、博多独楽などがありますが、

マルティグラスについては知りませんでした。

 

正式名称は MULTIPLE  LAYER  GLASS(マルティプルレヤーグラス)と言って、

性質の違う色々な色のガラスが何層にも積み重ねられた

多重積層ガラスという意味だそうです。

色が重なるというのは素敵ですね。

 

 

1919年に福岡県で中島広吉により、手吹きによる「中島硝子製造所」が

設立されたのが始まり。

1937年のパリ万博では、中島広吉が出展したゴールドグラス(唐草紋様大鉢)が

ガラス工芸の分野で日本では初のグランプリを受賞しています。

 

現在は福岡県知事指定特産品の指定を受けて、

福岡県福津市に工場があるようです。

 

 

実家には母が結婚の時に知人から頂いたというグリーンの

マルティグラスの鉢が置いてあります。

なんでもグリーンが好きだった母が気に入って大切にしていたので、

今でも飾っているんだということでした。

 

そういえば、ずっとうちにありました。

昭和のレトロ感たっぷりの代物ですが、厚みがある、なだらかな曲線と白の分量が

ちょうどよくてなるほど、いい感じです。

 

 

f:id:kiraritto:20170806174001j:plain

こちらは新しいものですが、

冷茶器にも、小鉢としても使えます。

均一ではない厚みがあって、持ちやすく安定感があり、口当たりがとても

いいのです。

何よりも夏にはうってつけ、とても涼しげな色合いです。

 

時に濃い紫にも見える茶系と、ブルー、白が混ざった水色の刷毛目のような

デザインになっています。

 

何れにしてもひとつとして同じものがないという完璧な手作り品です。

同じように見えますが、少しずつ違います。

多重積層を作るのはとても難しく、熟練の技が必要だといいます。

 

 

福岡のガラス工芸品でこんな素敵なのがあったんですね、

マルティグラス、

ガラス製品ですけれど、不思議とガラスとは思えない素朴な温かみを感じます。

とても味わい深いです♪

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪