福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

雑草より強い⁉︎ 藪蘭(ヤブラン)

f:id:kiraritto:20170725091038j:plain

都会の植栽やマンションの植え込みなどによく見られる藪蘭です。

これも自宅のマンションの玄関前で見かけたものです。

薄紫色の小さな花に黄色い芯が見えて、優しい可憐なお花といった感じです。

 

ところがこのヤブラン

見た目とは裏腹に、ものすごく強靭なんですね〜。

 

糸島の実家で、このヤブランが植わっていたあたりに冬の頃から

ずっと枯れ草や刈り取った草を積んでいました。

 

先日積み重なっていた枯れ草を片付けてみると、

なんとその下からこのヤブランが緑の葉っぱをかなり伸ばした状態で姿を現したのです。

 

 

びっくりしました!

 

土にしっかり覆いがしてあったような状態ですから、

他の草は当然芽を出すことができずに、朽ち果てていました。

そこにこのヤブランだけは無事だったわけです。

 

 

無事どころが、さすがに今のところ、花芽は付いていないようですが、

太陽も届かず、空気もあまりないようなところで、緑の芽を出して伸びていたんです。

 

 

下の写真はそれから数日経ったところです。

さらに元気になっています。

f:id:kiraritto:20170725091113j:plain

 

一方とても厄介な雑草があります。

知らないと想像もつかないと思いますが、あの早春にありがたがって摘んで、

食べているつくしです。

 

名前は変わってすぎなと言いますが、

「つくし」はこの「すぎな」の「胞子茎」です。

つくしが枯れるとすぐにこのすぎなが出てきて、どこにでもはびこってしまいます。

知っていれば、結構あちこちで生えているのを見かける雑草です。

 

 

これが厄介なのは、根が地下茎で深く横に繋がっていて、

根こそぎ草を取ることができないのです。上の草をもぎ取ろうとしても

土の上からちぎれてしまうだけなのです。

取っても取ってもすぐに出てきます。

 

f:id:kiraritto:20170725091146j:plain

 

ほんの2週間前に綺麗にしたはずのところですが、ご覧の通り。

 

あとは少し伸びたところで、葉っぱに除草剤をかけて、

根から退治するしかないのだそうです。

 

あんなにちやほやされる「つくし」が実はこんなに嫌われ者だったなんて、

ちょっとショックです。

要は自然の土手ならいいんですよね、

庭の中じゃ大変なわけです!

 

 

外から眺める優雅な竹林も、一旦庭にタケノコが出だしたら、大変なのと同じです。

田舎の庭はある意味そんなこととの格闘です♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪