福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

カラーアートセラピーってご存知ですか♪

f:id:kiraritto:20170623125607j:plain

カラーアートセラピーの一つに「描画療法」というのがあります。

「絵を描いてみる」ということです。

テーマがあることもあれば、何でも自由に、ということもあります。

 

 ところで「絵を描く」ことが「癒し」とどう繋がるのでしょうか?

 

理屈抜きに色々と気づかされることがあります。

同じ色を使うことで、「ぬり絵」も随分流行っていますけれど・・・、またちょっと違って

もっと自由で簡単です。

 

セラピスト自身もまずは「絵を描く」ことに親しむことが大切、と、

そして何か気づきがあればと、

このところ毎日のように絵を描いています。

 

 

「絵を描く」と言っても大抵は小学1年生レベルの絵です。

上手、下手はありませんから、気は楽ですが・・・。

 

考えて描くものではなく、パッと心に浮かんだもの、

つまり右脳で、直感で描くとでも言いましょうか。

 

 

ある時、私が勉強しているイルドクルールの授業の中で、

「物心ついた時に最初に見た情景を描いてください」

という課題がありました。

数名が一緒に受講していましたが、

自分を絵の中に描いた人、

また自分を絵の中に描かずに、見た記憶のある風景だけを描いた人もいました。

 

 

私は描いている途中で、なぜか泣けてきてしまいました。

今は亡き母や祖父母の姿を描いていたら、記憶が蘇ってきたからかもしれません。

 

  

それこそパッと頭に浮かんだ情景を描いた絵でしたけれど・・・、

描いてみてから気付きました。

 

今の私の原点と言える光景かもしれない、と。

他の受講生の方も似たような感覚になられたようでした。

久しぶりのお絵かきはそういうわけで、とても興味深いものでした。

 

 

絵描きさんでもなければ、大人になって絵を描く機会なんてありませんよね。

過去の記憶はどんどん忘却の彼方になっていきますけれど、決して消えてはいないんです。

何かのきっかけにこうしてぽっと表に出て来ることがあります。

面白いものだなと思いました。

 

  

実は、

選ぶ色にも、描く絵にも、その人にとってその時の潜在意識として意味のあるものなのですが、カラーアートセラピーでは

それをとやかく考える必要はありません。分析もいたしません。

 

ありのままを出してしまえばいいだけです♪

 

 

ただ単に絵を描くことで、心の内を発散していただけることを目的としています。

そしてそこで何かの気づきもあるかもしれません。

今後

高齢者の方対象を始めとして各方面でもお役に立てるのではないかと思っています。

 

イルドクルール:

福岡のカラーコンサルタント・イルドクルールのホームページ トップページ

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪