福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

「紫陽花色」ってどうしてないんでしょう?

f:id:kiraritto:20170610210100j:plain

梅雨を彩る花としてなくてはならない紫陽花、

近頃は母の日もカーネーションに変えて紫陽花が贈られることもあるくらい、

様々な品種が出揃っていて人気の花です。

 

これだけ青紫の鮮やかな花を咲かせるのですから、日本の色名にも「紫陽花色」

があっても良さそうなものです。

 

ところがありません・・・。

f:id:kiraritto:20170610210129j:plain

色名どころか、源氏物語にも、枕草子にも、古今和歌集にも登場しないそうです。

ガクアジサイ」というのは日本原産の品種です。

奈良時代にはそれらしき名前の花の記述が残っていて、シーボルトによってヨーロッパに紹介されると、あちらでは人気となり、品種改良も進んだといいます。

 

 

 にも関わらず日本では、

とにかくずうっと、人気がなくて日の目を見なかったようなのです。

 

不思議なことです。

 

 

なぜそこまで人気がなかったのでしょうか?

彼岸花がそうであったように、何かあるんですよね、

確かにいくつか理由が考えられるようですが、

どれもなんとなくわかるようなという程度で・・・。

 

一つには土壌の酸性度によって花色が変わることもあったようです。

日本は弱酸性土で青くなることが多く、アルカリ性土壌のヨーロッパでは赤くなるのだそうです。

 

そういえば、先日ご紹介したウイーンの紫陽花も真っ赤でした。

f:id:kiraritto:20170610210222j:plain

 

紫陽花は時に豪華に大振りすぎるほどの花が、

一面を埋め尽くさんばかりに咲きます。

 

想像しますに、可憐に野に咲く花を愛でてきた日本人の気質に、あまりにそぐわなかったのではないかという気もします。

 

現代になって観光のために植えられるようになり(簡単に増えるんだそうです、これがまた嫌われた原因の一つだというのですが)、

人気も急上昇ということらしいです♪

 

  

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪