福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

ハンガリー ドナウ川イルミネーションクルーズ 光と闇と♪

f:id:kiraritto:20170602225059j:plain

ブダペスト 王宮とくさり橋)

 

ようやく暗くなる夜の9時から10時の予定で、ブダペスト東側のペスト地区の船着場から乗船。

ドナウ川にかかるいくつかの橋の下を通って折り返してきます。

 

私たちが乗船したのは、飲み物やおつまみ程度のサービスができる

小さめの船でしたが、

全長2860kmにも及ぶ国際河川ですから、ドナウクルーズという形で、船に宿泊して旅をするタイプの大型船もかなり航行していました。

 

イルミネーションクルーズは夏場だけ、今が書き入れ時とばかりに

暗くなると一斉にクルーズ船が動き出します。

 

日本は、ライトアップというとどこもかしこもLEDの多色照明だったり、これでもかと言わんばかりの明るさだったりで、

少々辟易していたものですから、世界有数の夜景スポットのライトアップはどんなものだろうかと楽しみにして。。。

 

 

感激しました!

ライトアップはこうじゃなくちゃというのを見せていただいた気がします♪

 

確かに両岸に夜のネオンや広告塔、ビルの照明などがなくて、歴史的な建物だけという幸運もあります。邪魔になる明かりがありませんから・・・。

 

ライトアップされた部分だけが、ぼーっと浮かび上がります。

淡いブルーの橋が一つだけありましたが、ほぼ電球色に品良くまとめられています。

 

 

f:id:kiraritto:20170603100540j:plain

(マルギット橋 唯一LED照明が使われているといいますが、やはり光色は周囲に馴染んでいます。)

 

  

ふと

ブダ王宮方面の丘の方を眺めれば、そこは真っ暗な闇の世界でした。

 

『美しい闇』という言葉を、照明デザイナーの面出薫さんが以前、日経新聞の誌上で語っておられたのを思い出しました。 

闇と優しい光とで心地よい空間を生み出すのだと。

本当にその通りだと思いました。

 

 

光と闇の絶妙な空間に とても安らぎを覚えました♪

 

f:id:kiraritto:20170602225343j:plain

お昼間でも宮殿のように見える街のシンボル、世界遺産の国会議事堂ですが、もちろん現役の建物ですが、

綺麗でしょう?

全体が光に包まれて

まるで黄金の宮殿のような姿を浮かび上がらせています。

夢の世界を見ているような心地です♪

 

 

温かみのある電球色でまとめられた穏やかな落ち着いた夜景でした♪

 

 

日本とハンガリーの交流を記念したライトアップ事業では、

欧州で活躍されている照明デザイナー石井幹子さんが、エルジェーベド橋(エリザベート橋)のライトアップを手がけられたと言います。

 

f:id:kiraritto:20170602225436j:plain

スマホ撮影では夜景はよく撮れませんでしたが、おそらくこの橋かと。

戦争で爆破されてから、資金不足や設計上の困難から元どおりに復元されずに、唯一シンプルな橋に架けられたのだそうです。

 

 

素晴らしいですね〜、

こんなところでも日本人の活躍が見られるとは!

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪