読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

樹の上のデンドロビウムがブーム♪

f:id:kiraritto:20170512094011j:plain

糸島の実家近くを散歩中見つけましたが、

こんな光景を見たのは初めてです。

豪華なランの鉢植えとして、クリスマスやお正月シーズンにお花屋さんにたくさん並ぶ、あのデンドロビウムです。

それが、庭先のマキの木、普通私たちはこう呼んでいるごくありふれた細い葉っぱの背の高い木ですが、

その木の途中から四方に垂れ下がるように咲き誇っているのです。

 

驚きました! 初夏の日差しに鮮やかな赤紫色が目立ちます。

 

一本の木だけではありません、そのお宅のお庭の別のマキの木にも同様に真ん中あたりに・・・、

しかも数軒先のお宅にも同じ状態のデンドロビウムを見かけたのです。

 

最初は木に鉢がぶら下げてあるのかと思いきや、土はなく、直接根っこが木の幹に絡まっているように見えました。

 

いったいどういうこと?

暖かいお部屋の窓辺に大切に置かれているイメージのお花が、なんでこんなむき出しの戸外に、しかも木の上に???

デンドロビウムってこんな風にして咲くものなの???

 

 

調べて見ると、着生直物といって、こうして樹木や時には岩石などに絡まって生きていく植物があるそうです。

 

それにしても最初の最初はお家の方が木に植え付けをされたのでしょうか?

 

自然と花粉が飛んで自分で生育する場合もあるようですが、

もしそんなことだったらびっくりです。

市場に出回る鉢植えは冬に花が咲いていますが、実は花の時期は今だそうですよ。

 

 

ここでは、デンドロビウムは樹の上でなくちゃ! って感じです。

 

f:id:kiraritto:20170512094040j:plain

こちらは昨年実家に知人から頂いたセッコクです。

やはり戸外でこうやって、木の下に吊り下げておいてくださいと言われました。

 

1年で白い可愛らしい花が咲きました。

 

セッコクは日本古来の蘭だそうで、とても清楚な感じです。

なんとデンドロビウムもその仲間らしいです、雰囲気は全然違いますね・・・♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪