読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

山肌に注目!桜色模様 糸島♪

二日前に訪れた時には見られませんでした。 残念ながらスマホの画像ではこれが限界ですが、 山肌に点在する山桜の薄紅色がご覧になれますでしょうか? 山を越えると向こう側は佐賀県です。背振(せふり)山系と言われる山々が続きます。 この景色に初めて出…

和菓子は「耳で食べる」⁉︎

福岡の桜、満開が宣言されていました! 赤い毛氈(もうせん)に座りお花を眺めながら、お抹茶に和菓子というのも、いいですよね、お天気さえよければ・・・。 その和菓子のことですが、改めて気付かされたことがあります。 和菓子は日本料理と同じように、五…

福岡のいちごとトマトに感激♪

福岡特産の「あまおう」がそろそろ出荷の最盛期を過ぎて、小粒になってきたな思っていると、今度は真っ赤なトマトです♪ 何と言っても真っ赤な食材は食欲をそそられる色です。 福岡市西区の「博多じょうもんさん周船寺市場」の産直野菜がイオンの中にも並んで…

「花明かり」を楽しみたい!

糸島の山の方では真っ白な桜?だと思いますが、満開でした。 でもこのところ花冷えが続き、観光地のお花見は今しばらくのようです。 ところで、 古くは花といえば桜のことであっただけあって、その桜の花に纏わる言葉は多いですね。 花明かりというのもその…

清楚な白 利休梅♪

「梅」とありますが梅ではないですね。 2~3メートルほどの木の花でしたけれど、 ご近所の空地にひっそりと咲いていました。まだ蕾の方が多いです。 なんでも明治の終わりに中国から伝わったということですから、時代的には新しい。 ではどうして「利休」? …

春雨の中 小さな幸せ色♪

春分の日の昨日、福岡はあいにくのお天気でしたが、 久しぶりのお湿りで草木はとても色鮮やかに見えました♪ 一つの木瓜の木から白、薄紅、紅色と三色の花が咲いています。 ガクのところは萌黄色、日本らしい春の色がギュウギュッと詰まっていて 美しい!!!…

これが黒系 植物染料に???

福岡市西区も少し山の方に入ると、住宅地もあるものの荒れ地になっているところが結構あります。そんなところにたくさんありました。 この写真の木、変わってるでしょう? 黄緑色の房状の? 花でしょうか? なんだかわからないのがたくさんぶら下がっていま…

ゴージャス! 優美! カメリア♪

ご近所のお宅で見つけました。 大輪の椿が満開です! 福岡の各地でも今ツバキ祭りが行われているようです。 椿(ツバキ)のことを西洋ではカメリア(camellia)と言いますが、 カメリアと聞くと全く違ったお花のように感じます。 そして「カメリア」は色名と…

桜色のお菓子 その名も SAKURAダックワーズ♪

ひなあられがサッと片付けられ、桜色のお菓子がずらり! その中で桜色のダックワーズに目が止まりました。 春らしい色と桜のほのかな香り、優しい食感! 午後の紅茶にぴったりです。 私もお菓子を作っていた頃、よく焼きました。 ダックワーズ型という焼き型…

ヨガの腹式呼吸でリラックス♪

「このところ気ぜわしくて時間が取れないので、ヨガ教室お休みしまーす」 と先生に連絡した時のこと、 「焦らずゆっくりですよ〜、そんな時こそ腹式呼吸ですよ〜」 とお返事をいただきました。 本当にそうだ! 言われてみれば、「気」はそぞろ、 「気」があ…

梅の花色 紅梅色♪ でもその昔は白梅だけだった⁉︎

紅梅色(こうばいいろ)という日本の伝統色は、 ちょうどこの写真の梅の花くらいの色合いです。 ところが、最初に中国から入ってきて日本で野生化した梅は白梅だったそうです。 ですから『万葉集』に詠まれた梅は白梅、 紅梅は少し後、平安時代になってから…

成人の日 はや、梅がほころんで♪

福岡市西区の山手の方で梅がほころんでいるのを見つけました。 濃い紅色で八重の花びらです♪ まだほんの二、三輪ですけれど・・・ それがまたとても美しく感じました♪ 今日は成人の日、 新成人へのインタビューをテレビで見ていると、 「世の中を明るくしま…

「七草がゆ」にも...薺(ナズナ)です♪

別名ぺんぺん草、 田畑や道端などどこでも見かける雑草ですが、春の七草でもあります。 今日は1月7日、人日(じんじつ)の節句です。 その行事食としての七草粥、 スーパーなどでは数日前から パック入りの七草がゆセットが並んでいました。 せり、なずな、…

ガレージの干し柿♪

福岡市 九大学研都市近くのお宅に まだ干したて!のオレンジ色の柿が並んでいました。 かつては田舎の軒先に見る季節の風物詩でしたが・・・♪ 近頃は田舎でもあまり見かけなくなりました・・・ 数年前に福岡に戻ってきた時には、今年はあまり蒸し暑いもので、…

吹き寄せご飯 〜料理名にも紅葉②〜

炊き込みご飯は土鍋で炊くとおこげもできますし、美味しく雰囲気も出ます。 「吹き寄せ」とは秋から冬にかけて使われる料理名です。 旬の食材を彩りよく合わせ、風に吹き寄せられた落ち葉のような風情を出したものを言います。 晩秋の一抹の寂しさの中で、 …

お馴染み竜田揚げ 〜料理名にも紅葉①〜

奈良の竜田山のほとりを流れる川は万葉の時代から紅葉の名所 として知られています。今の時期綺麗でしょうね。 百人一首にある在原業平の紅葉を詠んだ歌 千早ぶる神代も聞かず龍田川 唐紅に水くくるとは で有名です。 龍田川に舞い落ちた紅葉が川一面を真っ…

秋色 秋味 デザート♪

近くのレストランで茶系でまとめた秋らしいデザートが出てきました。 特に目新しくも、凝ったものでもありませんが、 今の季節にマッチしていていいなぁと思いました♪ ガトーショコラ、キャラメルアイス、ココア風味のパンナコッタ それに生チョコのソースが…

つまみ細工 日本の手作業の技♪

文化の日にちなんで伝統工芸の話題を・・・ 着物のハギレを何かに使えないかと探していて、つまみ細工というのを知りました。 本を何冊か買い込み、しばらくハマって制作にいそしみました。 写真は拙い手作り品ですが、着物に合わせて使えて楽しいです。 髪…

紅葉を愛でる感性の色 朽葉色(くちばいろ)♪

北のほうから紅葉のニュースが聞こえてきました。 ところで、 紅葉と言われて、ではそれは何色かと問われると一言ではとても言い尽くせません。 日本の伝統色には秋の深まりとともに朽ちていく葉の色の移り変わりを表した朽葉色というのがあります。 決して…

藤袴 淡い紅紫と白♪

白い方は山の方を歩いていて道端に、そして紅紫色のは住宅地の植栽 として咲いていました。 NHKのお天気コーナーで秋の七草も最後を飾る「藤袴」と紹介されていました。 藤袴と言われても実際に咲いているところは見たことがありませんでした。 でもどこかに…

そろそろ銀杏の実が落ちるころ♪

福岡市西区玄洋地区の川沿いにヒョロヒョロとしたイチョウ並木があります。 ふと見上げるとイチョウの葉はまばら、 でも薄いオレンジ色のぎんなんの実だけは整列するがごとく たくさん並んでついています。 落ちた実を拾って、それはとても臭くて、しかもゴ…

秋の七草 女郎花(おみなえし)♪

残念ながら野に自然に生えていたものではありません。 どなたかの畑の奥まったところに雑草も生い茂る中に咲いていました。 糸島でも自然に咲いているのは見かけません。 それにしても「女郎」? なぜこんなお名前が・・・? しかもなぜこれをこう読むのだろ…

秋の七草 萩 ♪

3日連続 秋の七草 登場です。 えっ、またぁ〜・・・ まぁそうおっしゃらずにお付き合いください。 わざわざ探し回ったわけではなく本当に偶然に3日続けて見つけたのです。 これは何かのご縁、このご時世、見つけようとしても身近に見当たらないものになっ…

秋の七草 桔梗 ♪

福岡市西区の少し山の方に入ったところ、 あるお宅の玄関脇にすうっと咲いていました。 秋の花になっているものの、夏の間もちらほらと見かけました・・・ 萩の花 尾花葛花 瞿麦(なでしこ)の花 女郎花(おみなえし)また藤袴 朝貌(あさがお)の花 山上憶…

秋の七草 葛(くず)の花♪

葛は繁殖力が強く野山でなくても道路脇などそこら中で生い茂っています。 赤紫の花が咲き始めていました。 その根っこから取れるデンプンが葛粉です。 また葛根(かっこん)と呼ばれ生薬の原料となり、今でも風邪薬の葛根湯は有名です。 茎は葛布の繊維にな…

お盆の夕暮れ 里の風景♪

福岡市西区 今宿バイパスから上ノ原方面へ少し入ったところ、 夕暮れ時にたまたま車で通りかかると、薄ピンクの花をつけた蓮畑が一面に♪ ご先祖様をお迎えする準備が整いましたよ、どうぞお越し下さいと言っているような 遠くの山々、里の風景に思えました。…

禊(みそぎ)の花、鮮烈でワイルド♪

禊萩(みそはぎ)、盆花、精霊花とも言われお盆のお供えの花だそうです。 「禊」には「悪霊を払う」という意味があるからだと。 「ほおずき」くらいはお盆のお供えとして知っていましたが、「禊萩」なるものもお盆の必須アイテムだったとは知りませんでした…

鬼灯(ほおずき)赤い袋が炎のようです!

別名灯籠草(とうろうそう)とも言われます。 福岡市西区今宿の畑 遠くからも真っ赤に染まっていました。 お盆には仏壇のお供えのお花として飾ります。 温かみのあるまさに炎の色です。 しばらく持ちますが、赤い袋のところだけを切り取って仏壇に並べておく…

家紋にこんな雑草が!?

現代では家紋自体あまり気にされなくなりましたが・・・ 我が家の家紋は丸にカタバミ、そもそもカタバミって何? 以前、気になって調べたことがありました。 小さな黄色い花をつけて、ハート型をした葉が3枚先端を合わせた形になっているのが特徴です。その…

七夕 五色の短冊に願いを!

明日は七夕、真っ直ぐにたくましく伸びる神聖な笹竹に飾り付け♪ 九大学研都市駅構内に、近くの幼稚園の七夕飾りが飾ってありました。 それを見て千葉に住んでいた頃のマンションの七夕飾りを思い出しました。 七夕の一週間くらい前になると、毎年自治体の役…

藍色 日本手ぬぐい ♪

涼しげな和の空間演出に一役 ♪ 日本手ぬぐいはさすがに実用としては使われなくなりました。 その代わりその他の用途で息を吹き返して、柄ゆきの楽しさから人気です。 デパートなどでも色んな柄の手ぬぐいが並んでいます。 縦長の額に入れて飾ってあったり・…

母の日にレインボーカーネーション!?

今朝ニュースで言っていました。確かに話題性はありますけれども・・・??? 昨年の秋、数百円で買ったミニバラの苗、さすがに冬場はなりを潜めておりました。 春の植え替えの時によっぽど処分してしまおうかと思ったほど、しょんぼり見えたのですが、どう…

カーネションはやっぱり赤?

母の日特設売り場、真っ赤なカーネーションでいっぱい! 今年は5月の第2日曜日が連休の続きになるということでしょうか、お店のカーネーションも早めに並んでいます。 子供の日の「こいのぼり」は、もうどこかに行っちゃってます。 圧倒的に真っ赤なカーネ…

鯉のぼりが泳ぐ季節です♪

すくすく育ってね!! マンションだらけの都会ではお目にかかれなかった光景です。 お庭にお子さんのお名前入りの立派なのぼり旗が立てられ、その横の別のポールには鯉のぼりと吹き流しが・・・。 勇壮な姿にこちらも元気をもらえます。 鯉のぼりと一緒につ…

真っ白な大手鞠、そよ風に揺れる♪

別名ジャパニーズスノーボール、新緑と青空に冴えて美しい! 生花の材料によく使われる「小手毬(コデマリ)」、こちらも今満開であちらこちらで見かけます。 「小手毬」と「大手鞠」、花の大きさの違いだけかと思いきや、全く別品種なんだそうですね。そう…

ベランダ ガーデニング、やる気と想像力♪

涼しげなブルーベースの花苗を集めて! ベランダで土をいじるのは、正直言って散らかるし、汚れるし、重たいしでかなり大変。それでも毎日綺麗な色を楽しめることを思うと、やっぱり頑張ってしまいます。 花苗選びにもパーソナルカラーが大いにヒントになり…

金ピカの陶器の地球儀!?

置き物にも? JANNEAU社製ブランデー、アルマニャック♪ 糸島の実家の物置からこんなものが出てきました。 埃をかぶったゴールドの箱の中から黒いフェルトの袋に包まれて・・・。 かなりしまいこんで忘れられていた模様。 しかしそれはさすが名品、 栓をこじ…

 ’光’のしわざ!? 粋な演出!

床の間の奥にぽっかり’光の窓’が出現! 午前7:00 そこだけ照明で照らされたようなハッとする光景にびっくり!! 床の間右手に「違い棚」があり、その壁に竹格子がはめ込まれています。そのさらに右手の窓から朝日が斜めに差し込んで床の間の奥に投影され…

淡い色合い優しい食感! 友のお土産「ひなあられ」♪

千葉から福岡に帰省してきた友人からお土産にいただきました。 なんでも近くのお煎餅屋さんの手作り品だとか。 「福岡は旧暦でひな祭りだからまだ『ひなあられ』いいわよね」と。 そういえば小さいころ母がそんなこと言っていましたね。 この『ひなあられ』…

恐るべし生命力、ソフトなグリーンのウンベラータ♪

観葉植物のウンベラータの植え替えをしました。 木が休んでいるうちにしたほうが良いのでしょうけれど、寒いのでつい暖かくなってきてからになってしまいます。 我が家のウンベラータはとても丈夫です。 もう買ってきてから十数年になりますが、毎年春、夏、…

お彼岸に赤い小豆のぼた餅♪

福岡市西区から山越えルートで約1時間、大野城市にあるお墓に御墓参りに。 お仏壇にはお花とぼた餅をお供えして。 お店で年中「おはぎ」として売っている和菓子、 春のお彼岸には、小豆を牡丹の花に見立てて「ぼた餅(牡丹餅)」といい、秋のお彼岸には小豆…

桜モチーフのティーセット なんとも優雅♪

デパートの洋食器売り場ウエッジウッドコーナーで桜のコーディネートが目にとまりました。 わぁきれい!! 思わず見入ってしまいました。 白地に桜をデザインしたティーカップ&ソーサーを始めお皿などがシリーズで並んでいます。 薄いピンクのリネンのクロ…

春色の三段重ね、菱餅♪

節分、立春が過ぎてお店の売り場がお雛様モードになっています。 小さい頃何気なく見ていたお飾りのあの菱餅、今はほとんど本物はみかけなく なりましたけれど、あの三色にはちゃんと意味があったんですね。 一番下が緑(黄緑)、真ん中が白、一番上が赤(ピ…