読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

早春のスペイン♪ 番外編3 水への憧れ ラピスラズリの青

アルハンブラ宮殿内の天井の装飾です。 所々に青い粒のように見えるのはイスラム教徒のご当地アフガニスタンから取り寄せた青い石ラピスラズリだそうです。 砂漠の民であるイスラム教徒は水へのこだわりが非常に強く、噴水や池などもたくさん作ったわけです…

早春のスペイン♪ 番外編2 フラメンコはやっぱり赤と黒!

フラメンコはもともとこの地にあった踊りに、 インドからエジプトを通って入って来たジプシー(エジプシャン)といわれる人たちの踊りがミックスされてできたと聞きました。 ですから今でもフラメンコダンサーの中には、その流れをくむ方がいらっしゃると言…

早春のスペイン♪ 番外編1 アーモンドの花満開

バルセロナから南の方に高速道路をバスで移動中、 満開の桜か? と見紛うほどの光景が切れ切れに続いています。 バスのスピードは早く、しかも窓ガラスを通してなので、残念ながらうまく写真が取れませんでした。 画面中央の木の中にうっすらとピンク色が見…

早春のスペイン♪ その8 マドリッド名物はイカリング⁉︎

周りに海がないマドリッドで、 なぜかイカリング・・・でもとても親しみを感じます♪ スペインのどこにでもあるというバル、 アルコールに限らず、ソフトドリンクでもとにかく一杯たのんで、タパス(小皿料理)を注文するとパンも付いてくる・・・ バルを何件…

早春のスペイン♪ その7 足元に注目!! 敷石の美

アルハンブラ宮殿と城外の庭園で、美しいタイルや石の敷石を見てから、そのデザインの素晴らしさに魅了され、それからどこを訪れても足元に目がいきました。 古都トレド、ユダヤ人街、カテドラルで、そして街中で、スペインのあらゆるところに見つけることが…

早春のスペイン♪ その6 淡いモスグリーン オリーブの海

世界第1位の生産量を誇るオリーブ、 その8割が南部のアンダルシア地方で生産されているそうです。 バスで随分移動しましたが、最初は黒い切り株のような葡萄畑が続いていたかと思ったら、次第にオリーブ畑に・・・今度はまぁ行けども行けどもオリーブ畑で…

早春のスペイン♪その5 ビビットカラーが溶け込む街 マドリッド

白亜の王宮がお出迎え、 かつてのスペインの国力が偲ばれる美しい街です。 王宮と向かい合わせの高級マンション ここはさすがにペールトーン でも案内表示には赤が使ってあります。 前はちょっと高級なレストラン、囲いがあってストーブが置いてある外のお席…

早春のスペイン♪ その4 太陽に冴える白

セルバンテスの小説ドンキホーテの舞台として有名なラマンチャの 白い風車です。 現在は観光用として保存してあります。 周囲はぶどう畑があるくらい、 荒涼とした風景は当時とあまり変わっていないのではと感じました。 見下ろす高台に数機の風車が並んでい…

早春のスペイン♪ その3  オレンジの街路樹 セビーリャ 

セビーリャは日本ではなぜかセビリアと言われてます。 闘牛とフラメンコの本場、 ビゼーのオペラ『カルメン』やロッシーニのオペラ『セルビアの理髪師』など、 多くのオペラの舞台となったところでもあり、 グラナダと同じアンダルシア地方 の港湾都市です。…

早春のスペイン♪ その2 赤い城 アルハンブラ宮殿

グラナダにある世界遺産アルハンブラ宮殿 この地を征服していたイスラム王朝が築き、その後陥落してキリスト教勢力の支配下となったお城です。 そもそも地名のグラナダとはアラビア語で なんとざくろという意味だそうです。 中東地域はザクロの産地で、その…

早春のスペイン♪ その1

スペインに来ています。 2月13日 福岡から羽田まで出て、フランクフルト経由でバルセロナに深夜到着です。 2/14 昨夜からの雨も上がって快晴です。 バルセロナのサグラダファミリア(聖家族)教会です。 バルセロナ出身のガウディの建築で、未だ未完、2026年…

東京湾の夜明け♪

ダークでグレイッシュな東京湾とベイエリアビル群の向こうから朝日が昇りつつ あります。 東京から千葉方面を見た夜明けの光景です。 関東平野と言われる通り、こちらの方角には山はなく、どこまでも平坦なのを 実感します。 朝焼けの色を 曙色(アケボノイロ)と…

松がある風景 /東京ベイエリア

近代的な東京ウオーターフロントの風景が松の向こうに見えます。 ホテルの庭には松の大木がたくさん植えられていました。 松は塩害にとても強いそうで防風林としてあちこちに植林されています。 逆に言えば、潮風の当たるしかも砂地で生育できて、防風林の役…

ホテルのXmasディスプレイ 色使いはシックに♪

東京臨海部にあるホテルのロビーです。 全体はしっかりクリスマスバージョンのディスプレイなのですが、 そこはさすがホテルです・・・、 色使いがとても落ち着いているのには驚きました。 中央に置かれたテーブルの上のマカロンタワーとお菓子の家の屋根(…

赤と黒 スタイリッシュなもみじ♪

各地で冷え込んでいます。東京では雪⁉︎ 一気に冬の気配? 紅葉も凍えますね! カエデの紅葉、イチョウの黄葉など紅葉や黄葉が美しい木は皆が注目です。 京都では雑木林や山道の、名も知られない木々が色づいている様を雑木紅葉(ぞうきもみじ)といって愛で…

安芸の宮島 弥山の紅葉 まさに錦♪

安芸の宮島といいますが、やはり秋が一番⁉︎ 極彩色の世界、美しいです!!! 弥山(みせん)のロープウエー口までの紅葉谷公園 名前の通り素晴らしい紅葉でした。 終点の駅からさらに15分ほど歩いて弥山本堂へ ここでボランティアをしているという男性が、…

瑠璃光寺五重塔 山口 紅葉♪

山口市 大内文化の最高傑作とされる瑠璃光寺五重塔 奈良の法隆寺、京都の醍醐寺と並んで日本三大名塔だそうです。 建立は1442年 紅葉の赤、緑の木々と調和して黒い古めかしい立派な 五重塔は荘厳な佇まい。 裏手の方にはサルスベリの木の途中から松の木が生…

歴史を秘めた魅惑の煌めき! 薩摩切子♪

色彩、カット、形の美しさはまさに芸術品 ♪ あいにくの雨の中訪れた鹿児島の仙巌園で、素晴らしい薩摩切子をたっぷりと見せていただきました。 江戸時代の終わりの頃、すでにお江戸では江戸切子の技術があって、島津藩はその職人を招聘して藩主導でカットガ…

パワースポットってこういうところ?

霧島神宮、神秘のエネルギーに満ち溢れた非日常空間 ♪ 霧島行きを計画していた日、奇跡的に梅雨の晴れ間の清々しいお天気に。 南九州の森林は深くてなんといっても緑の色が違いますね! お天気が良かったせいでしょうか、 福岡の山々もきれいだと思っていま…

花祭りの室礼に艶やか朱色の漆器♪

東京 芝の料理屋 「花祭り」(お釈迦様の誕生日、4月8日を祝う行事)の室礼として、金屏風の前に 満開の桜(本物)と朱色の漆器で、数段重ねの盃とお重がディスプレイされていました。 漆器のお椀でも朱色というと女性用で、男性用が黒と思われがちですが…

花冷え、花曇りの東京♪

所用で東京に。 着いた時は福岡よりも寒くて、まさに「花冷え」で「花曇り」でした。 とても綺麗な言葉ですよね。きっと日本人にしかわからないニュアンスでしょうけれど・・・日本人でしたら、待ち遠しい桜の花の「色」までも想像できてしまいます。 こんな…

ポルトガル続編5 黒と白のコントラストが素敵!リスボンの石畳

リスボンの通りを歩くとあちこちに黒と白の石をはめ込んだ石畳が敷き詰められています。それが公園とか大通りとかだけではなく、ただの街中の歩道でもそうなんです。 模様は様々で、さすが職人の手作りというだけあって時代を感じさせるレトロ感が目を引いて…

ポルトガル続編4 魅惑のルビー色ポートワインとポルトの夜景♪

お酒はあまり飲めないのですが、西洋料理やデザートを作るときにはよくこのポルト酒を使って、ということがありました。 ポルト酒と聞いてもどこのお酒?ポートワインって何? っというくらいで、しかも家庭料理では安いワインで代用すれば充分なのですが、…

ポルトガル続編3 タコのリゾットにコリアンダーのグリーン♪

ポルトガル料理は海の幸、山の幸に恵まれて美味しい物が多いといわれ 日本人もなじみやすいと聞いていました。 確かにお米料理も多く、日本で食べる雑炊や炊き込みご飯風もあって タコの料理が多いのにも驚きました。タコも元が大きいらしく、 足を豪快に縦…

ポルトガル 続編2 黒いドレスのファディスタ ディナーショー♪

リスボンの下町アルファマ地区に伝わるポルトガルの民族歌謡 ファド(Fad)のディナーショーに行ってきました。 夜8:00から食事が始まり、メインが出てくるころから舞台でショーが 始まりました。 1人の女性歌手(ファディスタといいます)にマンドリンとギ…

ポルトガル 続編1 オレンジ色の瓦屋根と白い壁の家々♪

飛行機から見ても高い建物から見渡しても、決まってオレンジ色の屋根 に白い壁の家々が並んでいます。 田舎の方では緑の農地の中にひとつひとつは小さいのですが、数軒が きれいに並んで建っていて、とてもすっきりしとした感じがします。 ポルトガルに限ら…

福岡に戻ってきました!どんより鉛色の雲がお出迎え♪

ポルトガル旅行は本当にお天気に恵まれラッキーでした。 この時期のポルトガルは、気温は日本よりも少し高いものの、雨が多く 場所によっては風も強いと聞いていたのですが、傘の出番がちらほら あったもののすぐにあがったりで概ね穏やかなお天気でした。 …

ショーケースは卵色のお菓子でいっぱい!

ポルトガルに来てから毎日、地元のお菓子を頂きました。 クレープに大きなプリン、スポンジケーキ、 アーモンドケーキなどなど。伝統的にとにかく卵を使った、特に卵黄を使ったお菓子が多いんですね。 今日はリスボンで名物のエッグタルトを頂きました。 い…

ポルトガルの椿は日本から⁉︎

ポルトガル北部の街ポルトで満開の椿をあちこちで見かけました。 随分木も大きくて、花も鮮やかに咲き誇っていました。 それが、なんとポルトガル人が日本から持ち帰ったものらしいのです。 その証拠に椿のことをジャポネイラ(japoneira )と言うそうですよ…

極彩色のパエリヤ、目と味覚で堪能!

スペインのキリスト教徒巡礼地、 サンチャゴ・デ・コンポステーラにてシーフードパエリヤの昼食を頂きました。 お米もサフランも、元はと言えばアラブ人によってもたらされたといいます。 ここにもアラブの影響が色濃く残っているんですね…。 サフランの鮮や…

ポルトガルの街を彩るアズレージョ♪

アズレージョとは、その昔アラブからスペインを経由して入ってきた装飾タイルのことです。 ポルトガルの街の駅舎や教会などいたるところに残されています。 今日訪れたボルトの玄関口であるサン・ベント駅構内のアズレージョもみごとでしたよ。 ポルトガルの…

日差しに鮮やかブルーと白の壁♪

現地時間2/20土曜日 朝から快晴! 強かった風もすぐにおさまり暖かな日差しが降り注ぐ絶好の散策日和に。 リスボンの北へバスで一時間半の小さな城壁都市オドビスへ。 人口800人ほどで、谷間の真珠と言われるとおり、のんびりと時間が止まったような可愛らし…

ポルトガルにやってきました♪

昨晩深夜、無事リスボンに到着! 直行便がないので、福岡から羽田、ミュンヘン乗り継ぎでリスボンまで、さすがに長旅で疲れました。 一週間ほど、ポルトガル国内と、ちょっとだけ、スペインの巡礼地まで巡る旅です。 早春のポルトガル、楽しみです♪ カラーサ…