福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

パーソナルカラー・色彩

糸島の里山 彩なす緑♪

まだ山桜が残っていました。 今年は開花が遅れましたけれど、気温が低い日が多くて長持ちしています。 それにしても背景に様々な緑色が見えます。 萌黄色もあれば、深い緑、赤っぽいのまで・・・、 しかもモコモコと盛り上がっていて、モザイクアートを見る…

マゼンタピンクのビビッド感♪

ご近所を歩いていると、真っ白な雪柳の花が散り始めている上にこの鮮やかな見事な花蘇芳(はなずおう)が咲いていました。 熱帯原産の「蘇芳」という染料の元になる木があって、 それで染めた色合いに似た花を咲かせるということから 「蘇芳」の名前がついて…

日なたで見える色が違う♪

4/4の今日は二十四節気の一つ清明に当たるそうで、 万物が清く陽気になる時期ということらしいです。 このところ明らかに日差しが違ってきました。 そして芽吹いた草木を照らした光はまばゆいばかりです。 糸島の水路脇の紫陽花の葉っぱもこの通り! ついこ…

清楚な白 利休梅♪

「梅」とありますが梅ではないですね。 2~3メートルほどの木の花でしたけれど、 ご近所の空地にひっそりと咲いていました。まだ蕾の方が多いです。 なんでも明治の終わりに中国から伝わったということですから、時代的には新しい。 ではどうして「利休」? …

「青みのピンク」なら大人でも着こなせる???

春ですよ! 春らしいピンク色が着てみたい! ピンクを選ぶなら、「青み」を選べば大丈夫・・・、と ファッション誌などでよく見かける文句ですが、 本当にそうでしょうか? でも残念ながらそういうわけにはいきません。 着こなせる方もいれば、そうでない方…

これ なんの花⁉︎ 紅白入り乱れがなんとも♪

久しぶりに春らしいお天気で、近くを散歩中に見つけました♪ 一本の木なのに、ピンク、斑入り、紅白二色などの、 八重の花が入り乱れて咲いています。 梅? 桃? 桜? ちょうどお家の方が出てこられたので、尋ねてみましたが、 「なんかわからんと!うちのも…

佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社 奥の院まで登ってみれば・・・♪

九州では太宰府につぐ参拝者が訪れるという日本三大稲荷のひとつです。 社殿は京都の清水寺のような造りになっていて、しかも支える柱が全て朱色で彩られ、荘厳な佇まいを見せていました。 福岡市西区からは車で約2時間、 桜にはちょっと早かったのですが、…

こっちがいい! 子供は迷わない♪

デパートのハンカチ売り場でのこと。 お母さんとおばあちゃまらしき方が、 ああでもない、こうでもないと幾つも並べてお選びになっていましたが、 ちっとも決まらない。 そこでちょっと待ってと、横にいた小さな女の子に 「ねぇねぇ、どっちがカワイイ?」と…

春雨の中 小さな幸せ色♪

春分の日の昨日、福岡はあいにくのお天気でしたが、 久しぶりのお湿りで草木はとても色鮮やかに見えました♪ 一つの木瓜の木から白、薄紅、紅色と三色の花が咲いています。 ガクのところは萌黄色、日本らしい春の色がギュウギュッと詰まっていて 美しい!!!…

色は光! だからエネルギーがあるんです♪

ご近所で見つけた木蓮です。 淡い紅色と白の優しい色合い、でも花の姿はとても華やか、美しいです!!! こんな花に出会うと嬉しいです♪ ところで、今日の本題です。 太陽光が物に当たった具合、つまりは光の反射や吸収、透過の加減によって人には異なった色…

春には少ない紫色♪

春の2月、3月、4月といえば、 先日も書きましたようにクリーム色、黄色系のお花が多く、紫系は少ないですね。 それが5月になると、藤、カキツバタ、花菖蒲、 さらに 紫陽花にラベンダーと続き、紫のオンパレードになってきます。 パーソナルカラーも同様で…

黄色いお花 実は一番多い⁉︎

そうらしいんです・・・♪ さらにさらに その黄色の花は 春に咲くものがとても多いんだそうです。 そう言われてみれば確かにそうですね・・・♪ 野山の木々についている花も黄色から黄緑色、これが多いです。 ほんわかとしていて、クリアで綺麗な黄色・・・ 暖…

「色」を感じる!直感とひらめき♪

人間の脳は右脳は直感、左脳は理論の方などとよくいわれます。 実際にはもっと複雑な仕組みのようで、そう単純でもなさそうですが・・・。 糸島の農道を歩いていて、ふと 少し高いところの田んぼの畔を見上げると、 太陽の光の中でレンゲソウがキラキラと輝…

青空に映えて スプリング ピュアホワイト♪

めっきり春らしいお天気が続いています。 糸島を歩いていると、空は青く空気は澄んで、それに清々しい気分を反映してか、 白い花が輝いて見えました・・・♪ 上向きに白い大きな花が咲いているところを見ると、 白もくれん(白木蓮)ではないかと思います。 …

ゴージャス! 優美! カメリア♪

ご近所のお宅で見つけました。 大輪の椿が満開です! 福岡の各地でも今ツバキ祭りが行われているようです。 椿(ツバキ)のことを西洋ではカメリア(camellia)と言いますが、 カメリアと聞くと全く違ったお花のように感じます。 そして「カメリア」は色名と…

肌色は微妙⁉︎

化粧品メーカーの春のファンデーションの広告には、ファンデーションの進化をうたう宣伝文句が並んでいます。 「最新テクノロジー搭載・・・」 「肌と一体化して自然な美しさ・・・」 「美しい第二の肌・・・」云々 すごいですね〜 一口にファンデーションと…

パーソナルカラーの春 ミモザの黄色♪

日本ではミモザはあまり馴染みがないと思っていました。 ところが先日テレビを見ていると、福岡でも桜の前の花として積極的に植樹しているという話でした。 そして昨日、近くのマンションの植え込みで鮮やかな黄色い花が 風に揺れているのを発見・・・ミモザ…

「色」は味覚につながって・・・♪ 美味しそう!

福岡市西区で生産され、イオンの産直コーナーで売られていた福岡県特産の 「あまおう」です。 大きいことがウリの「あまおう」ですが、これには驚き! 真っ赤な色、扇型をしたその形といい迫力満点です。 見ただけで美味しそう! 実際にとても甘くて美味でし…

人をよく観ることから始まる パーソナルカラーリストの仕事♪

何かを正しく見極めようとする時には、まずよくそのものを観察することだと 思います。 「人間観察」と言ってしまえば、はなはだ失礼な言い回しですが、 私たちパーソナルカラーリストはまずそこからです。 ベストカラー診断からファッションタイプのアドバ…

ヨガの腹式呼吸でリラックス♪

「このところ気ぜわしくて時間が取れないので、ヨガ教室お休みしまーす」 と先生に連絡した時のこと、 「焦らずゆっくりですよ〜、そんな時こそ腹式呼吸ですよ〜」 とお返事をいただきました。 本当にそうだ! 言われてみれば、「気」はそぞろ、 「気」があ…

アイシーカラーってどんな色?

今日の福岡市西区、 強風が吹き荒れ、ぼた雪が舞い始め向こうの山々も真っ白に、 と思いきや、さっと明るくなってお日様が照り始める・・・、その繰り返し、 とにかく変なお天気でした。 今晩は雪になるのかもしれません。 ところで、その雪や氷のイメージの…

梅の花色 紅梅色♪ でもその昔は白梅だけだった⁉︎

紅梅色(こうばいいろ)という日本の伝統色は、 ちょうどこの写真の梅の花くらいの色合いです。 ところが、最初に中国から入ってきて日本で野生化した梅は白梅だったそうです。 ですから『万葉集』に詠まれた梅は白梅、 紅梅は少し後、平安時代になってから…

「マスク」の意外な使われ方⁉︎

花粉症、風邪の時の必需品、今や当たり前のマスク姿です。 ところが、 先日見たNHKのニュースの中で, 意外な使われ方をしているというのでびっくりしました。 自分の表情を相手に読まれないようにするためとか、人との距離を置くためというようなことで、マ…

子供にもちゃーんとわかります!自分に似合う色♪

イルドクルールの松元先生が昨年末、イベントで大勢の子供へのカラー診断をされました。驚いたことに子供はいとも簡単に自分に似合う色を言い当てるのだそうです。 女の子には「どっちが可愛く見える?」 男の子には「どっちがカッコよく見える?」 と聞くそ…

春タイプの方の得意な色 黄色がちらほらと・・・♪

今日はとても寒いです。 明日、明後日ともっと冷えてくるとニュースでは言っています。 そんな中でも、パーソナルカラーの春タイプの方のお得意の色、 菜の花の黄色、タンポポの黄色を ちらほらと見かけるようになりました。 おまけに特大の柑橘類ザボンもこ…

パーソナルカラー診断は「標準光ベストカラー診断」へ

福岡のカラーリストグループのイルドクルールでは、 これまでの標準光パーソナルカラー診断を 内容は全く変わりませんが、 標準光ベストカラー診断という名称に改めることになりました。 「パーソナルカラー」という言葉は約30年数年前にアメリカから日本…

新春に大輪の椿♪

新年明けましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて新年最初の話題は、 日本らしい花木、 日本からヨーロッパに伝わり大人気になったという椿です。 色鮮やかに、華やかに、力強く咲き誇る椿のように、 今年も明るく彩なす…

肌の色とパーソナルカラーの関係

標準光パーソナルカラー診断では、 標準光源アシストライトの下で、 最初に日本人用の肌色スケールを使って肌の色の分析をいたします。 不適切な照明の下では、まず肌の色から違って見えてしまいます。 私たちは黄色人種と言われているように、ナチュラル、…

テレビ画面は色の洪水

福岡で長年教育に携わって来られた先生方からこんな声を聞きました。 今のテレビ画面の色の氾濫はどうにかならないものかと、 例えば、背景の色使いがきつすぎて、その前にいる人物が判別しづらいほどだと・・・。 何よりも子供たちへの悪影響を心配されてい…

意外に迷うストール、マフラーの選び方♪

ストールやマフラーの季節です♪ 例えば、シンプルでベーシックカラーのコートでも無地やチェックの ストール一つで、雰囲気がガラッと変わります。 とってもお助けアイテムなんですけれど。。。 さてどう選ぶか? です。 どれを取ってもとてもキレイな色、柄…