福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

見て!このたくましさ♪

糸島の実家の庭の片隅に捨てられていた球根です。 なんとそこから普通に茎が伸びて、 雪が舞う寒空に花まで咲かせていました。 見ての通り、球根には土は被っていません。 昨年の夏の間に、全ての球根を掘り返してキレイに植え直しをしました。 こんなにも増…

長崎 異国情緒の今昔♪

新年の長崎、 今にも降り出しそうな雲が立ち込めた冬日でした。 街中を観光するのは、数十年?ぶり・・・。 眼鏡橋も、緑みを帯びた川面にゆらゆらと白壁の建物が写り込んで、 本物のレンズのようです。 「出島」もこんなに整備されていたんですね。 かつて…

氏神さまの三社参り♪

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 新年は元旦からお天気も良く穏やかな三ヶ日でした。 今日は糸島の実家近くの三社参りに・・・、 と言っても近くの氏神さまを三つお参りして回ってみました。 田舎はどこもそうなんで…

アースカラー一色 静かな年の瀬♪

糸島市の実家の周りはすっかりこんな風景が広がっています。 綺麗に整地された田んぼの土がこのところの乾燥で 枯れ草のような色になっています。 農家の方も 田んぼの仕事は終えて、お家のお正月準備にお忙しいのでしょう。 周りには人影も見えませんが、 …

バブリーな⁉︎ バブリーダンス!

[TDC]大阪府立登美丘高校ダンス部(堺市) You Tube(2017 9/16)より 確かにこんな服流行ってたし、こんな化粧もしてた・・・、 バブル時代、 ワンレングスにボディコン、シャネルの派手な赤い口紅、 ディスコフィーバーに、ジュリアナ東京っていうのもありま…

クリスマス色ですね♪

イオンの花屋さんの前にドッと並べてありました。 やはりこの色、目を引きますね。そして買いたくなります。 すっかりクリスマスの花みたいになっていますが、その昔は「かがりびばな」 とも言ったそうです。お花の様子がそんなふうに見えたんでしょうね。 …

ちょっと色が違う? 青色のローソン

近所に近頃オープンしたローソンです。 ちょっと青の色が濃くないですか? ローソンといえばもう少し薄い水色だったと思いますが・・・。 これまでと内容が違うのかと思い中に入ってみましたが、 そんな風な感じは全くなく同じでした。 調べてみると私が知ら…

落ち葉にも「華」が・・・♪

実家の庭の側溝の落ち葉をかき集めて、 深さ50cmはあろうかと思う深い竹かごに ぎゅうぎゅう山盛りいっぱい。。。 になったところで、 ふと見ると枯れ葉とは思えない豊かな彩りです! あれっ、なかなかキレイじゃないですか? 深紅、黄色、オレンジ色、チ…

カラー診断は はじめの一歩♪

昨日の糸島の「いとすき講座」でカラー診断を受講頂いた方も、 直接の受講動機ではないにしても、「洋服の整理がしたい!」とのことでした。 どなたも溜まってしまった衣類の整理には悩んでいらっしゃるのがわかります。 年末になると誰でもお片づけしなくち…

冬空にフューシャピンク♪

前面は田んぼ、下には水路、枯れ葉、枯れ草ばかりのうら寂しい風景の中、 遠くからもひときわ鮮やかにピンクの花の帯が見えました。 近くに寄ってみるとヒガンバナの仲間のダイヤモンドリリーがずらっと並んで 咲き誇っていました。 10月から12月にかけてが…

藤江氏魚楽園 見納めの紅葉♪

魚楽園とは、ちょっと変わった名前ですが、 場所は福岡県田川郡川崎町、 室町時代の画僧「雪舟」が築庭したとされる国指定名勝庭園です。 明国から帰国した雪舟が都の戦乱を避けて、この福岡の地に数年滞在していた頃 築庭したものだそうです。 紅葉の名所と…

黄赤の実 梔子色(クチナシイロ)♪

お正月の栗きんとんを作る時、 黄色を出すために使うクチナシの実です。 糸島の実家の草むしりと落ち葉の片付けをしていて裏庭の隅っこの方で 見つけました。 熟しても口が開かないから「クチナシ」ともいうそうです。 初夏には白い花を咲かせ、とてもいい香…

ボクにも私にもピッタリの色❗️

福岡県古賀市 子供わくわくフェスタの 「色いろ教室」にNPO色ヒトこころ のメンバーとして 参加いたしました。 メインは子供のカラー診断です。 子供の来場者は誰でも参加できて、主に小学生、中学生もちらほら、 そしてその兄弟姉妹で2歳くらいから幼稚園…

冬の黄色 ありがた〜い柚子♪

日本の冬の食卓には欠かせない柚子、 ・・・だと思うのですが、 とはいっても関東にいた頃には、わざわざ柚子を買うのは、お正月くらいでした。 お高いですし、そんなにたくさん売っていなかったです。 ところがです。 福岡市西区や糸島市のこの辺りはこの時…

九大学研都市駅にホームドアが・・・

福岡市営地下鉄から直通のJR筑肥線の九大学研都市駅、 下り電車のホームにだけ転落防止のゲートが設置されていました。 前面を覆ってしまうタイプではなく、シルバーの枠に赤と黄色の線があるだけの シンプルなものです。 下り線にだけ? 試験的に導入された…

意外に誰でも似合う? ベレー帽♪

ワインカラーのベレー帽を買いました! 人が被っているのを見かけると、いいなと思いつつ、 自分用には子供の頃被ったきり。 画家さんにベレー帽、子供にベレー帽のイメージがあって、どうも自分にはという気がしていました。 ここ数年はつばの広い中折れハ…

車の色 結局定番色♪

自宅の車の調子がおかしくなって買い換えることに・・・。 カラーリストなんだから、車の色にもこだわりたいところ・・・、 のはずが、 案外あっさりとメタリックシルバーに決まってしまいました。 赤もいいなと思いつつ、 やっぱり無難な色に落ち着いてしま…

千羽烏に冬の気配♪

夏の盛りの頃、実家の庭の枯れ草の下から藪蘭(ヤブラン)が見つかって、 それがちゃんと息を吹き返し、紫色の可愛い花を咲かせ、 なんと生命力があるんだろうと驚いたものです。 今日、またそのあたりの草むしりをしていて、 ふと見るとそのヤブラン、 なん…

大人の色彩ワークショップ♪

福岡のカラーコンサルタント イルドクルールの 「カラーリクリエーション」上級講座の最終日、受講生8名で協力して お客様にきていただいての色彩ワークショップです。 ウエルカムボードも担当者が秋をイメージして お花の一つ一つも手作りです♪ 参加者16…

秋色のお菓子 フィナンシェ♪

持って行くところがあって、すごく久しぶりに フィナンシェをたくさん焼きました。 焼いてから1〜2日してからの方が味が馴染んで美味しくなりますので、 早めに準備できて便利でもあります。 そして何よりバターたっぷりの焼き菓子となると 色合いといい、…

クローゼットは未来のわたし???

ファッションデザイナーのAkemi Doi さんの講演会に参りました。 糸島市内の女性活躍推進事業の一環としてのセミナーです。 ファッションモデルからファッションデザイナーへ転身、 海外経験も豊富でいらして、自らのブランドも立ち上げていらっしゃる方です…

優勝近し!?

近くのイオンの催し物広場では、 早くもソフトバンクの優勝イベントの準備でしょうか? 色とりどりのユニフォームが揺れていました。 資金力の違いといえばそうなんでしょうが、 宣伝も上手ですし、派手ですよね。 毎年の「カラフルユニフォーム作戦」にはフ…

カラー診断 大人のわくわく♪

このタイトルで糸島市のいとすき講座で https://itosuki.jimdo.com 標準光ベストカラー診断の講座をさせていただいています。 ずっと以前にカラー診断を受けたことがあるとおっしゃる方が来られました。 その時の診断結果は「春」だったそうです。 しばらく…

四国 松山 みかん色♪

明治の洋風建築の駅舎の外観がそのまま復元されているという ちょっとレトロな道後温泉駅。 そこへ入ってくる路面電車の鮮やかな蜜柑色、 かなりインパクトがあります♪ みかんジュレにジュースにサワーもみかんです! さすが、愛媛! みかんの産地ですからね…

ワードローブの「見える化」♪

まずよく耳にする「ワードローブ」(wardrobe)という言葉、 ファッション業界の方はよくご存知ですが、 「衣装室、衣装ダンス」という意味から転じて、今では広く「手持ちの服」 という意味で使われています。 横文字をむやみにもっともらしく使うのは抵抗…

認知症ケアにアート創作⁉︎

梅雨のようなお天気が続いています。 どんよりとした曇り空の中、自宅近くを歩いてみると、 お天気のせいもあるでしょうが、 すっかりと寂しい秋の佇まいになっていました。 セイタカアワダチソウにススキが淋しそうに揺れています。 ところで、日経の夕刊に…

九州国立博物館 新桃山展 冷たい雨の中♪

建物の脇に睡蓮の花でしょうか? 季節外れのようでもありますが、 冷たい雨の中、ちょっと珍しい大輪の花を咲かせていました。 ロビーには秀吉が作らせたという「黄金の茶室」が再現されていました。 信長、秀吉、家康が生きた時代の美術品は 「桃山美術」と…

鮮やか!紫色の野菊♪

ご近所の畑の脇に元気に生い茂っていました。 小菊の一種でしょうか、紫色の花弁と黄色の花芯が鮮やかです。 野紺菊(のこんぎく)というのかもしれません。 仏様のお供え用に菊の花をよく買いますが、 菊はダントツに花持ちがいいですね。 気温が高い時には…

落ち栗の栗色♪

少し山沿いの道を歩くと栗のイガがたくさん落ちています。 ところが中身はというと、ほとんどが綺麗になくなっています。 イガだけがゴロゴロと転がっているのです。 動物やカラスなどの鳥が食べるのか、 それともちゃんと人間さまが中だけ拾い集めるのか・…

「新豆腐」ってご存知ですか⁉︎

「しんどうふ」と読んで、 俳句の中で「秋」の季語として使われているのをみてびっくりです! 俳句をなさる方は当然ご存知の言葉だと思いますが。。。 そもそも「新豆腐」なんて言葉を知りませんでした。 なんでも 新しく採れた大豆で作った豆腐で、 甘い風…