読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

浅田真央さんの白と黒♪

 

f:id:kiraritto:20170413082322j:plain

引退宣言から、昨日の引退会見まで、トップニュース扱いで、

今なお、すごい人気なんだなと感じました。

 

会見では髪も飾り気なくスッキリ後ろで束ねて、選手時代と同じようにお顔をくっきり出していらっしゃいました。

そして白と黒の極めてシンプルなスーツ姿。

 

第一印象、今までとちょっと雰囲気が違う!

でもとても良くお似合いだなと、思いました♪

 

そこには、これまでの可愛らしさや甘さは影を潜めて、

ちょっとクールな落ち着いた大人の女性が見えました。

小さい頃からこれまで、並大抵のことではなかったでしょうから。。。

 

会見の中でこうおっしゃっていました。

「今 晴れやかな気持ち・・・」

「笑顔で前に進みたい・・・」

 

着ていらした白と黒にどこか潔さを感じましたし、

ご自身のそういう思いをなお一層強く表現されている色に思えました♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

好きな色 嫌いな色♪

f:id:kiraritto:20170411090746j:plain

色彩心理を学んで、

「好き」「嫌い」という感情はどちらも反応している証拠だと知りました。

 

人はどうでもいいこと、どうでもいい人には、関心を持ちませんし、興味もないですから、反応すらしません。

 

この人いいな、好きだな、あるいはこの人のようになりたい!

と思う相手に関心を持つというのは当然のことで、その通りだろうと

誰しもわかります。

 

ところが あの人はキライ! 苦手と思うことも

実は、その人に過剰に反応しているがためなのだと言います。

たとえ表面上は無視しているようであってもです。

 

そう言われればそうですね、

エネルギーを使っているわけですよね。。。

心理学の範疇になってきますが。

 

でも好きな色嫌いな色があると思います。

色彩心理においては「好きな色」は自分だと言われます。(これは似合う色のパーソナルカラーとは全く違いますので、誤解されないように)

自分を投影している自分色、自分を癒してくれる色です。

 

そして「嫌いな色」

実はこちらの方に意味があると言われています。

 

例えば、過去の嫌な思い出とリンクしてしまう色だ、あるいは嫌いな人が着ていた色だ、など、

何かしらその人が気づいていない潜在意識レベルで反応することが隠れていることがあります。

 

色が教えてくれる、

そういう小さな「気づき」が案外、心を解きほぐすきっかけになったり、今抱えている悩み解決の糸口になったりいたします♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

国鳥 雉(キジ)身近にいます♪

昨晩のNHK番組、『ダーウインが来た!』のテーマは「キジ」でした。

 

警戒心が強いと言われていますが、糸島の実家の中庭に、二度も紛れ込んでじっとしていたことがあったそうです。

 

そういうこともあって、近くで鳴いているのが、毎年見かけるおそらく

同じキジだろうと、

うちの飼い鳥のような親近感を持って気にかけるようになりました。

 

冬の間はどこに行っていたのでしょうか、見かけませんでしたが、

春になってからとみに鳴き声が聞こえるようになり、このところ田んぼや畑をよくウロウロしています。

f:id:kiraritto:20170410090109j:plain

 

2~30m離れたところにカラスと一緒にいるのを見かけたので、

もっと近寄って写真を取ろうと構えたところに、

背後から車がガーッと走って来て、左側のカラスがバーっと先に飛び立ち、その後右側にいるキジも飛んで行ってしまいました。

あぁーあ・・・。

 

物音や人の気配に敏感で、ドアをバタンと閉めたりすると、遠くでしきりに鳴いていたキジが、じわっと草陰に身をひそめ、うずくまる様子が見えたりして、

あれで、隠れたつもりなんだな、見えてるよー! と

微笑ましく思います。

 

番組でも言っていましたが、

頭だけ草むらに突っ込んで、尻尾は見えてる、

「頭隠して尻隠さず」の言葉はこういうキジの生態から生まれた言葉だそうです。

 

またオスの顔周りが真っ赤なところも特徴で、そういうことででしょうか、

赤色を縄張りの侵入者と認識して、郵便配達の赤いバイクさえも攻撃してくるという話でした。

なんでも縄張り死守だそうです。

 

「ケン、ケーン」という独特の高い鳴き声が聞こえると、

「今日もいるな!」とのぞいてみています♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

マゼンタピンクのビビッド感♪

f:id:kiraritto:20170409103810j:plain

ご近所を歩いていると、真っ白な雪柳の花が散り始めている上にこの鮮やかな見事な花蘇芳(はなずおう)が咲いていました。

 

熱帯原産の「蘇芳」という染料の元になる木があって、

それで染めた色合いに似た花を咲かせるということから

「蘇芳」の名前がついているのだそうです。

 

蘇芳は日本では生育できないため、古くから輸入ものだけだそうですが、

これまでの日本の植物染には、紅花(べにばな)や茜(あかね)などとともに

赤い染料の原料としてとしてなくてはならないものでした。

ちなみに蘇芳色というのはもう少し、黒っぽい赤い色になりますが。

 

花蘇芳の鮮やかな赤紫色、こういう場合、

洋名の方がふさわしいような気がします。

プリンターのインクの色名にあるあのマゼンタピンク

という色合いに近いのかなと・・・。

 

 

この色のようにビビットで鮮やかな色を「彩度が高い色」と言います。

「桜の花が鮮やかに咲きほこり・・・」と言っても

桜のピンク色は彩度が高い色とは言いません。

 

彩度が高い色は分量が少なめでこのように白やグリーンの中にあって目に

パッと止まるような状況、こういうのがいいですね♪

気持ちが浮き立つような高揚感があります。

 

春も深まってくると、ときどきこういう色合いにも出会えます♪

 

f:id:kiraritto:20170409103854j:plain

こちらは同じ色系統のシャクナゲです。

 

雨上がりの緑の中で鮮やかです!

毎年決まって3月31日か4月1日に咲いていた実家のシャクナゲですが、

今年はどういうわけか1週間遅れました。

ツツジの仲間というだけあって、形もツツジに似ています、

そして躑躅(つつじ)色です♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

山肌に注目!桜色模様 糸島♪

二日前に訪れた時には見られませんでした。

残念ながらスマホの画像ではこれが限界ですが、

山肌に点在する山桜の薄紅色がご覧になれますでしょうか?

f:id:kiraritto:20170407091705j:plain

山を越えると向こう側は佐賀県です。背振(せふり)山系と言われる山々が続きます。

 

この景色に初めて出会ったのは、数年前、

関東から福岡に戻ってきた時でした。その時の感激は忘れられません。

 

まだ深い緑の中に萌黄色の新緑がわずかに混じり合う山肌に山桜が点在する様は、一年のうちでもせいぜい1週間かそこらです。

春の日差しの中ではもっと鮮やかに見えますが、昨日はあいにくと曇り空、

それでもなんとも美しい景色です♪

 

紅葉の季節もいいですが、

この桜色の景色は糸島で一番美しい山の姿ではないかと思っています。

 

日常的に

この美しさに触れることができるというのは、なんと幸せなことかと。。。

 

これから山は日々、をそして形状を変えていきます。

毎日違うというのはちょっと大げさでは?とお思いになるかもしれませんが、

行くたびに同じだったことがありません。

 

先日の和菓子のところでも触れましたが、

なんでも京都の菓子職人さんたちは、外に出て京都の山を眺めることから一日が始まると言います。

 

それは、山の色の移り変わりを感じて、その色合いを、つまりは季節の変化を感じ取り、お菓子の微妙な色合いに反映させていくためだと言います。

 

私が感じたのと同じだ! やっぱりそうなんだと・・・♪

 

 

f:id:kiraritto:20170407091906j:plain

こちらは実家近くの個人のお宅の桜の大木です。綺麗です!

昨日急に咲きましたとおっしゃっていました♪

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪
  

 

 

和菓子は「耳で食べる」⁉︎

福岡の桜、満開が宣言されていました!

赤い毛氈(もうせん)に座りお花を眺めながら、お抹茶に和菓子というのも、いいですよね、お天気さえよければ・・・。

f:id:kiraritto:20170406091645j:plain

その和菓子のことですが、改めて気付かされたことがあります。

 

和菓子は日本料理と同じように、五感を駆使していただくものと言います。

けれどもその中で

「目で食べる」ことと「耳で食べる」ことが特に重視されるというのです。

 

「目で食べる」・・・これはわかります。

日本の四季を写し込んだ穏やかな色彩と繊細な細工・・・美しいです。

まさに芸術品です♪

 

 

でも「耳で」とは?

その「心」はお菓子の題名、菓子銘にありました。

 

 

そう言われれば、そうですね!

風流で奥ゆかしいお名前がついています。

 

菓子銘を聞いて、イメージを膨らませる、そしてまずそれを「楽しんで」、それからお味を「想像して」、それから「味わって」いただきたいということですね♪

 

なるほど、なるほど・・・、

なんと素晴らしい知的回路が張り巡らされているのでしょうか!

琴線に触れるネーミングであったならば、つい手が伸びてしまいそうです。

そして何よりも心豊かな気持ちになります♪

 

まさにお菓子をいただく醍醐味です。

「耳でいただく」・・・和菓子の奥深さを垣間見ることができました♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

 

福岡城 さくらまつり 2017

f:id:kiraritto:20170405100235j:plain

昨晩 久方ぶりに夜桜見物に行ってきました。

城跡の白壁と桜の風景はやはり絵になりますね♪

 

満開にはもう少しというところでしたが、冷え込みもなく、近隣のコインパーキングに難なく駐車できましたし、

さすが福岡です、街の真ん中にこんなところがあって・・・♪

 

ところで、

夜桜見物の醍醐味って、やはり時代とともに変わってきているように思います。

 

昨晩も確かに飲んでいる人たちはたくさんいらっしゃいましたが、だいたい少人数グループ、会社関係というより、お友達関係らしい方々が多いように見えました。

 

それも騒いでいる人などいなくて、結構皆さんおとなしくお行儀がいいようで。。。

 

さらにベビーカーに乗ってる赤ちゃんや、さらに小さな抱っこされてる赤ちゃんを連れた若いファミリー層が多いのにも驚きました。

 

近所の夏祭りなんかと同じ感覚かなと・・・♪

f:id:kiraritto:20170405100530j:plain

そしてライトアップ!

昔もそれなりに明るくはしてありましたが、

今はまた違った目的が・・・

何よりも一億総カメラマン時代の画像提供のため???

 

f:id:kiraritto:20170405100307j:plain

 (お堀の水面に映り込んだライトアップされた桜)

 

いただいたチラシにはオススメ絶景スポットが記載され、ご丁寧に解説してありました。

その中の一つには、「ライトアップされた桜の色が幻想的に移り変わりますので、お好きな色のタイミングで撮影を」とありました。

 

なるほどその場所は確かに強烈な色彩でした。

音楽に合わせて、赤、オレンジ、紫、白などと数秒ごとに変化、

これも幻想的???

 

 

色彩を楽しむ、非日常を見つける、何かそういう目的でしょうか。

  

 

昨晩は夜空も美しかったですよ ♪ 

桜の枝の間から半月がくっきりと覗いていましたし、

そして星もいくつも瞬いていましたから・・・♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪