福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

日なたで見える色が違う♪

f:id:kiraritto:20170404090442j:plain

4/4の今日は二十四節気の一つ清明に当たるそうで、

万物が清く陽気になる時期ということらしいです。

 

このところ明らかに日差しが違ってきました。

そして芽吹いた草木を照らした光はまばゆいばかりです。

 

糸島の水路脇の紫陽花の葉っぱもこの通り!

ついこの間、新芽が出ていたかと思ったら、もうこんなに大きな葉っぱに・・・

どうです!この艶やかな色合い♪

 

間からのぞいているのは雑草の紫花菜ですが、とてもいいバランスです。

 

ところで、

パーソナルカラーの理論がアメリカで生まれたきっかけは、

人間が日なたで見る色と、日陰で見る色では同じものでも違って見える、

日なたでは黄色っぽく(イエローベース)見えて、日陰では、青み(ブルーベース)をお帯びて見えるというごく自然な発想からです。

どの色が似合うか?のおしゃれのことだけと思っていらっしゃる方がほとんどですが、そうではありません。

 

パーソナルカラーを学べば、生活にオールマイティーに活用できるというのは、

ここにあるのです。

自然界の色の見え方の仕組みを元にしたシステムだからなのです。

 

当たり前のことでも、それをシステムとして体系づけたところがさすがアメリカというべきところだと思います。

 

もちろんそれを学んだ日本では、日本人らしく繊細に改良が進められてさらに進んだパーソナルカラー、今や世界一⁉︎になっています・・・♪

 

 

  草むらの中の二輪きりのチューリップ・・・、

  日差しを浴びてコーラルピンクが微妙な色合いを見せて光輝いています♪

f:id:kiraritto:20170404090740j:plain

 

光が陽気に心地よく感じられる時期、ほんのわずかですね♪

うっかりしているとすぐに暑苦しいどぎつい日差しへと様変わりしてしまいますから。。。

たっぷりと楽しみたいものです♪

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

福岡のいちごとトマトに感激♪

f:id:kiraritto:20170403084822j:plain

 

福岡特産の「あまおう」がそろそろ出荷の最盛期を過ぎて、小粒になってきたな思っていると、今度は真っ赤なトマトです♪

何と言っても真っ赤な食材は食欲をそそられる色です。

 

福岡市西区の「博多じょうもんさん周船寺市場」の産直野菜がイオンの中にも並んでいますが、ここのトマトがとても美味しいんです!

 

フルーツトマトと普通のトマトの中間くらいの大きさで、包丁でスーと切れますし、中まで真っ赤!

普通でしたら、青さが残っているトマトは食感はあっても味が薄い、しっかり熟れて赤いトマトは甘くても食感がよくないという印象です。

 

ところがこのトマトは違います!

真っ赤に熟れているのに、何よりも食感がしっかりしていて、甘みもあって濃いお味です。

小粒ですから品種が違うのでしょうか?

 

そのまま切って何もつけずにいただきます♪

 

 

日本料理の土井善晴さんが、家庭では手の込んだ料理は必要ないし、

そもそも料理というのは、手を加えれば加えるほど、本来の栄養価は損なわれるのですから、というようなことをおっしゃっていました。

 

また本当に腕に自信のある料理屋は、

味ご飯ではなくて真っ白いご飯で勝負すると聞いたことがあります。

真っ白いご飯は極めてシンプル、お米の本来の美味しさと炊き上げる技術だけ、

誤魔化しようがありません。

 

ともすると具がたくさんの味ご飯の方がおご馳走に見えたりしますけれどね。。。

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

 

 

 

 

「花明かり」を楽しみたい!

f:id:kiraritto:20170401084602j:plain

糸島の山の方では真っ白な桜?だと思いますが、満開でした。

でもこのところ花冷えが続き、観光地のお花見は今しばらくのようです。

 

ところで、

古くはといえばのことであっただけあって、その桜の花に纏わる言葉は多いですね。

花明かりというのもその一つ、

桜の花が満開でそのあたりの闇がほのかに明るく感ぜられること(スーパー大辞林)。

 

この「ほのかに」のほのですが、漢字ではと書きますが、

かすかに、わずかにあるものを愛でるという日本人の情感をとてもよく表しているように思います。

 

ほの暗い、ほのぼの、ほのめかす などもあります。

「花明かり」という言葉にもそんな心の機微が感じられます。

 

ところが昨今のお花見情報によると、

決まって

「美しく桜をライトアップしてお待ちしていまーす!」

というところばかり。

 

LEDのおかげで、電気代の心配は要りませんからと、ガンガン桜にライトを当てて見たり、多色であちこち照らしたりして、

どうです!綺麗でしょう! と言われても...。

 

確かにパフォーマンス効果は大ですし刺激的です。

人を呼ぶためには明るくしなくちゃ! というわけでしょうか。。。

誇るべき技術革新の賜物ですから、それはそれで素晴らしく魅力的です。

 

しかしこうなると「花明かり」の風情なぞは何処へやらです。

「ほのかに明るく」の想像力が働く余地はありません。

ましてや無機質なブルーシートが敷き詰められた中を歩くのではね・・・。

 

仄暗い闇の中の「花明かり」は、

もはや望めなくなってしまったということでしょうか・・・♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

 

 

 

 

清楚な白 利休梅♪

f:id:kiraritto:20170331090630j:plain

「梅」とありますが梅ではないですね。

2~3メートルほどの木の花でしたけれど、

ご近所の空地にひっそりと咲いていました。まだ蕾の方が多いです。

 

なんでも明治の終わりに中国から伝わったということですから、時代的には新しい。

ではどうして「利休」?

 

利休が切腹して果てた命日(茶道の宗派によって3/27,3/28が利休忌とされているそう)と開花の時期が重なることや、奥ゆかしく清楚な美しさが好まれ、茶花によく使われたということのようですよ。

 

さて「色名」にも「利休」がつくものがあるんです。

 

 そのまま 利休色は、緑みのくすんだ黄色でオリーブグリーンのような色、

もあれば、利休茶利休鼠というのもあります。

 

いずれもお茶の葉、抹茶の緑色からの連想で緑みがかった色味で、しかも茶道の世界の「侘び寂び」が感じられる渋い色合いのものです。

 

着物の地色にありそうな、なんとなく想像がつきますよね。

 

抹茶色からのネーミングもあれば、茶道のお菓子だったことで利休饅頭というのもありますし、あるいは利休が好んだものということで、「利休」のお名前がついているものも・・・

 

さすが影響力大、偉大な茶人です♪

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪
  

 

 

 

 

 

 

 

「青みのピンク」なら大人でも着こなせる???

f:id:kiraritto:20170330110252j:plain

春ですよ! 春らしいピンク色が着てみたい!

 

ピンクを選ぶなら、「青み」を選べば大丈夫・・・、と

ファッション誌などでよく見かける文句ですが、

本当にそうでしょうか?

 

でも残念ながらそういうわけにはいきません。

着こなせる方もいれば、そうでない方もいらっしゃいます。

 

それはどういうことでしょうか?

 

人それぞれに肌の色、瞳の色、髪の色、お顔のつくり、雰囲気が違いますので、

ピンク色一つをとっても、その方が若々しく、健康的に上品に見えるピンクもあれば、そうでないピンクもあるということです。

 

「青みのピンク」を着ることで、逆に肌が青ざめて不健康に見えてしまい、大人っぽいどころか、老けて見えてしまう方もいらっしゃいます。

 

特に女性、ピンクがお似合いになる方、実は多いのです!

 

ピンクは子供っぽい色、派手な色、膨張色だから太って見えるなどどという、

固定観念があるのでしょうか?

残念なことに、はなから敬遠される方もいらっしゃいます。

 

でもそれは全く違います。

少なくともパーソナルカラーはそういう観点ではありません。

 

まずはパーソナルカラー診断を受けて、

まずご自分のシーズンカラー、ベストカラーを知っていただきたいと思います。

 

そして青みの・・・黄味の・・・といった色合いの違いがわかるようになってくると、ピンクに限らず、自分を輝かせる色を選ぶことができるようになります♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

これ なんの花⁉︎ 紅白入り乱れがなんとも♪

f:id:kiraritto:20170329083607j:plain

久しぶりに春らしいお天気で、近くを散歩中に見つけました♪

 

一本の木なのに、ピンク、斑入り、紅白二色などの、

八重の花が入り乱れて咲いています。

 

梅? 桃? 桜?

 

ちょうどお家の方が出てこられたので、尋ねてみましたが、

「なんかわからんと!うちのもんが植えとったら今年初めて咲いたと!」

とのこと。

 

f:id:kiraritto:20170329083653j:plain

こちらは斑入り、

紅白の混じり具合が繊細で綺麗です。

 

帰って調べてみるに、どうやら「花桃の源平咲き」というものらしい。。。

源氏と平氏の紅白の旗印になぞらえたネーミングだとか。

なかなか古風なお名前です♪

f:id:kiraritto:20170329083709j:plain

こちらは八重の薄紅色が二輪、よくみると少し白も混じっていますね。

 

日本の伝統色には、

 桜の花色から桜色

 桃の花色から桃染(ももぞめ、つきぞめ)、桃花色

 梅の花色から紅梅色という色名があります。

いずれも染料は紅花ですが、その染め具合で色目を調節するようです。

上から順に紅色の色目が濃くなる感じですね。

 

春に咲く花ではありますが、

パーソナルカラー的に言えば、いずれもクールなブルーベースの色合い、

サマーの色になります。

 

イマドキはいずれもピンク!ですみますけれどね・・・♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

チームカラー戦略がヒットするために必要なもの♪

f:id:kiraritto:20170328085156j:plain

選抜甲子園、今日は第一試合に地元福岡の福岡大大濠滋賀学園の再試合が予定されています。

 

福岡大大濠は学校は市内の中央区にありますが、野球専用グランドが福岡大学のグランドと並んで、我が家のすぐ近くです。

 

f:id:kiraritto:20170328085323j:plain

 

夏など窓を開けていると夜の8時きっかりに照明が消されるまで、練習の声が響いています。

 

そういうわけで地元も地元、

ピッチャーもなかなか気持ちの強い選手のようで楽しみです、

是非頑張って欲しいです♪

 

ところで、福岡といえばソフトバンクホークスへの肩入れも凄いです。

毎年「鷹の祭典」などと銘打って、毎年それ用のユニフォームが作られ、当日には観客にも配られます。

 

中でも2014年の「カチドキレッド」と題した真っ赤なユニフォームの印象が強いです。

 

チームカラーとは別に毎年のこの「色決め」も大変だろうなと感じます。

ただ今年は赤ですよ、といったところで、

そうなんだ、くらいの印象、

でもそれに何か形容詞的な言葉がつくと、

それも色と絶妙にマッチした何かでないとダメなんでしょうけれど、

まさに「カチドキレッド」はインパクト大・・・。

 

サッカーの「サムライブルー」なんかもいいですよね。

言葉と色のマッチングですね♪

 

色は見るだけ、でもそれに言葉がうまく繋がるとみんなが声にも出してくれます。

そしてどんどんイメージが膨らみます♪

 

ちなみに「鷹の祭典2017」のユニフォームも2014のカチドキレッドにあやかって白に赤のストライプ

「1(ワン)ダホー!ストライプ2017」だそうです♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain

標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪