福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

夏至の日の日没 ♪

f:id:kiraritto:20170621215457j:plain

午後7時半をとっくに回った時刻です。

糸島の実家から帰る途中に見た風景です。

綺麗です♪

 

 

空は赤紫の帯、

昨日田植えがされた水田にも反射して赤紫に染まっています。

 

午前中は雨でしたが、お昼からは上がってしまいました。

明日はどうなんでしょうか?

 

水田に水が張ってあるこの時期にしか見られない光景ですね♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

 

くるくるっと 透き通ったピンクのクルクマ♪

f:id:kiraritto:20170620193657j:plain

どこかで見たような花だと思いました。

田んぼの畦道の横、ちょっとしたスペースにいくつか咲いているのが見えました。

 

お盆の頃、よく切り花で見かけるあの花です。

クルクマシャロームというそうです。

 

 

どこかハスの花の色を連想させる薄いピンク色をしています。

ブルーベースのピンク色が涼しげな印象です。

夏にはぴったりの花ですね♪

 

 

切り花としてははもっと長いのが売っていますが、ここのは葉っぱの方が大きくて、その下に隠れるようにして咲いています。

花もちがとてもいいそうです。

 

 

それにしてもこんなところに?  

植えられたものでしょうか?

寒さに弱く、外で冬は越せないと言いますが・・・、

そんなふうには見えなくて、いかにも自然に芽を出したような様子で・・・。

 

しかも私が見つけなければ、誰も咲いているのに気づかないようなところです。

 

クルクマ・・・、

面白い名前ですが、生姜やウコンの仲間で、暑さにとても強いんだとか、

これからが花の季節だそうです♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

ウチワサボテンの黄色い花と青いぶどう♪

f:id:kiraritto:20170618214927j:plain

去年も道端に咲いているのを見かけましたが、

今年も「うちわ」部分がかなり傷みがちでしたが、たくさん花をつけていました。

 

黄色い透明感のある艶のある花びらをしています。

 

スペインに行った時に道端などに巨大なウチワサボテンをよく見かけましたが、

食用にするのだと聞いてびっくりしました。

栄養もあるそうで・・・。

 

メキシコとかあちらの方の原産なので、スペインが征服した時に持ち帰ったのではないでしょうか。

 

とにかくものすごく繁殖力が強くて、たくましいらしいです♪

 

たくましいといえば、庭先に植えられたこちらのぶどうもすごいです。

 

f:id:kiraritto:20170618220107j:plain

あるお宅の外塀からツルが伸びているのですが、

かなりたくさん房が下がっていて元気です。

 

 

梅にあんずに枇杷にぶどうまで・・・、

とにかくフルーツがあちこちで育っています。

今年は今のところ雨が少なく、日照りが多いので、生育がいいのかもしれません♪

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

紫陽花の七変化♪

f:id:kiraritto:20170616085515j:plain

ここのところ爽やかなお天気が続いています、

梅雨なのに・・・。

 

あとは水を張るだけ、そこまで田植えの準備が整った田んぼですが、

カラカラに乾いてしまって、

草まで生えてきているところもあったりで・・・。

 

しかしこの数日でさすがに水が張られ始めました。

乾ききっているので、水を満たすのも大変そうです。

 

紫陽花も、こうも日照りだと、花も縮こまってしまうんですね、元気がないです。

やはり雨模様の梅雨空がお似合いです。

 

紫陽花が土壌の具合によって色を変える花だというのは、

先日も書いた通りなのですが、気をつけて見ていると、

一つの株の中でも青、青紫、赤紫と様々な色の花を咲かせているのを見かけます。

 別名「七変化」と言われる所以です。

 

土壌が安定してないんでしょうか?

そういうのは、株自体もあまり元気がないものが多いように思います。

 

この写真の紫陽花なんか、一つの花の中で

青紫から赤紫に綺麗なグラデーションです。

見る側からしたら、とても楽しいし、綺麗ですけれど・・・♪

 

f:id:kiraritto:20170616085724j:plain

こちらはストケシア、日本名 瑠璃菊(ルリギク)という花のようです。

アザミによく似ています。

 

本来の梅雨空には、パーソナルカラー夏の色、青紫の花色がさらにしっくりと馴染みそうです♪

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

 

 

糸島市二丈鹿家海岸で釣れたキス♪

f:id:kiraritto:20170615204937j:plain

「鹿家」と書いて「しかが」と読みますが、実家があるところが二丈深江ですから、そう遠くないところです。

と言っても唐津に行く途中に通り過ぎるだけで、まだ立ち寄ったここはありません。

 

 

今日はそこで早朝の3時から「キス」を釣ったという知人が、

たくさん新鮮なキスを持ってきてくれて、また調理までして食べさせてくれました。

今が旬なんでしょうか、

まさに男の料理です。

f:id:kiraritto:20170615205200j:plain

白っぽい色をした魚で、よくスーパーなんかでは天ぷら用に開いたものが売っていて、天ぷらの定番ですが特に目立った存在でもなくて・・・。

ところが、今日のはぴーんと身がしまっていて、キラキラと輝いています。

 

家庭料理だからと、全部頭と尾は落として、南蛮漬け用は鱗もつけたまま(そうしないと魚同士が油の中でくっつくからと)、素揚げです。

市販の南蛮漬けのタレを自分好みにさらにアレンジしたという特性のタレにつけて、野菜は生の新玉ねぎをそのまま。。。

 

豪快です。

でもとても美味しい!

 

お刺身は骨つきのまま、斜めに切って、ニンニクと小葱を合わせて、ポン酢でいただきます。

少々歯ごたえはありますが、まぁそれもまたいい感じです。

 

天ぷらもその場で背開きにして揚げると、こうも美味しいのかと思えるほど、カラッとあがっていて、しかも味がちゃんとしました。

 

とにかく「キスづくし」なんですが、お昼にもいただいて、夜にも残ったのをいただいてもちっとも飽きませんでした。

 

魚釣りが趣味の方もこうしてご自分で調理されて振る舞われると、喜ばれますよね♪

旬を新鮮なうちにいただく・・・贅沢な食事です♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

赤紫色のスモモ 眺めて美しい♪

f:id:kiraritto:20170613150306j:plain

スモモ」というと、もう「酸っぱ〜〜い」というイメージがまず一番、

でもこのスモモの色はとても素敵ですね♪  惹きつけられます。

 

マゼンダピンクをさらに濃く深くしたような何とも言えない高貴な色合い、

パーソナルカラーでいうとブルーベース、夏、あるいは冬ですね。

ですが、残念ながら身に付けるものの色としてはなかなかないですね〜

こんな色は。

 

この色ツヤ感はやはり自然のものでないと出てこない美しさです。

 

久しぶりに福岡市西区の山手の方を歩いていて見つけました。

おそらく果樹園をされているのだと思いますが、本格的に植えてあって、同じ品種のスモモがたわわになっていました。

 

黄緑色の葉っぱの間から、覗く大振りの赤紫色の果実は迫力満点です。

 

この辺りはブドウ園も時々見かけます。

温暖で育ちやすいのでしょうね。

  

 

そろそろ収穫ではないでしょうか?

 

市場ではもっとオレンジ色に近いスモモの方をよく見かけるように思います。

それをシロップ煮やワイン煮にしてヨーグルトなどと一緒に食べると酸っぱくなくて美味しいです。

 

アボガドをカットするのと同じ要領で、くるっと包丁目を入れて、両手で掴んで、少しひねって2つに割り、タネをくり抜きます。そうすると綺麗に全部食べられます。シロップ煮にするときも皮のまま入れて少し煮たら良いので、簡単です。

 

こんな深い色合いのスモモで作ったらシロップも染まってさぞかし美しいシロップ煮が出来るんではないかと・・・♪

 

見た目もお味もおしゃれで大人の食べ物になります♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪

 

 

 

 

「紫陽花色」ってどうしてないんでしょう?

f:id:kiraritto:20170610210100j:plain

梅雨を彩る花としてなくてはならない紫陽花、

近頃は母の日もカーネーションに変えて紫陽花が贈られることもあるくらい、

様々な品種が出揃っていて人気の花です。

 

これだけ青紫の鮮やかな花を咲かせるのですから、日本の色名にも「紫陽花色」

があっても良さそうなものです。

 

ところがありません・・・。

f:id:kiraritto:20170610210129j:plain

色名どころか、源氏物語にも、枕草子にも、古今和歌集にも登場しないそうです。

ガクアジサイ」というのは日本原産の品種です。

奈良時代にはそれらしき名前の花の記述が残っていて、シーボルトによってヨーロッパに紹介されると、あちらでは人気となり、品種改良も進んだといいます。

 

 

 にも関わらず日本では、

とにかくずうっと、人気がなくて日の目を見なかったようなのです。

 

不思議なことです。

 

 

なぜそこまで人気がなかったのでしょうか?

彼岸花がそうであったように、何かあるんですよね、

確かにいくつか理由が考えられるようですが、

どれもなんとなくわかるようなという程度で・・・。

 

一つには土壌の酸性度によって花色が変わることもあったようです。

日本は弱酸性土で青くなることが多く、アルカリ性土壌のヨーロッパでは赤くなるのだそうです。

 

そういえば、先日ご紹介したウイーンの紫陽花も真っ赤でした。

f:id:kiraritto:20170610210222j:plain

 

紫陽花は時に豪華に大振りすぎるほどの花が、

一面を埋め尽くさんばかりに咲きます。

 

想像しますに、可憐に野に咲く花を愛でてきた日本人の気質に、あまりにそぐわなかったのではないかという気もします。

 

現代になって観光のために植えられるようになり(簡単に増えるんだそうです、これがまた嫌われた原因の一つだというのですが)、

人気も急上昇ということらしいです♪

 

  

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます ♪