福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

ケルン大聖堂の威容な墨色の外壁♪

f:id:kiraritto:20191011135428j:plain


オランダを走っている間はずっと平坦地で、放牧されている牛たちを眺めながら

の単調な風景が続きます。

ところがドイツに入ると内陸部になることもありますが、

急に樹々が多くなってきて様相が一変します。

 

海には面していませんが、

ライン川の水運により発展したドイツ第4の都市ケルン。

ゴシック建築では世界1というローマ・カトリック教会ケルン大聖堂

そびえ立っています。

 

第2次大戦で街は壊滅状態になったそうですが、大聖堂は内部が一部破壊されただけで修復可能な状態で奇跡的に持ちこたえたそうです。

 

それにしても外壁のグレー、

というより所々墨を塗ったような黒ずみは

時代を感じさせますし、威圧感さえ感じます。

 

f:id:kiraritto:20191011135459j:plain

f:id:kiraritto:20191015082253j:plain

どうして北方のこの地にこんな巨大な大聖堂があるんだろうか?

と疑問に思っていると、

 

ガイドさん曰く、

紀元50年頃 時のローマ皇帝の奥さんがこの地の出身で、

この奥さんは自分の出身地をローマの植民都市(コロニア)に格上げするように

皇帝に要望したというのです。

 

この鶴の一声で

彼女の名前を冠した「〜たらコロニア」が誕生し、

その「コロニア」部分だけが残って現在のケルンの語源になっているということでした。

 

それがきっかけでその後も、

ローマのゲルマニア支配の拠点として発展し、

当然キリスト教も早い時期から伝播して布教の拠点として司教座、

さらには大司教座が置かれて、

ついには大聖堂の建築ということになったらしいです。

 

 なんとまぁ!

昔も今も変わらないんですね。

奥さんの力はかくも大きいものかと!

歴史を動かすことになっているんですよ。。。まったくね♪

 

 とまぁ、ひょんな事に感心してしまいました。

 

しかしながら、

この街にも、この墨色の大聖堂にも

そんな何千年の歴史が秘められているのかと思うと、キリスト教には無縁の私にも

感慨深いものがありました♪

 

 

ケルンでもう一つ

私たちが香水のことをオーデコロンと言っているのは、

なんと直訳すると「ケルンの水」

ということだったんですね。

 

f:id:kiraritto:20191011135544j:plain

この地は世界初の香水が作られたところだそうです。

 

ナポレオンが占領した時にこれはいいと思ったんでしょう、

本国に持ち帰って作らせたと言われています。

今や香水のフランス、 フランスのオーデコロンとなっていますが。。。

 

ナボレオンが占領時にこの香水店に打った住所番号の「4711」

が今も店の名前として、香水の銘柄として売られています。

 

そして最後にもう一つ

雨宿りのためにたまたま入り食事をしたケルン大聖堂の前のレストラン、

その化粧室が香水誕生の地にふさわしくといいますか、

墨色の大聖堂とは裏腹に、感激ものの美しさでした。

 

今回の旅行先はどこもトイレが綺麗でした。(有料がほとんどですが)

ドイツも機能的に作ってあって、概ねどこも綺麗な印象があったのですが、

ここのはそれらとはちょっと違っていました。

 

前面の扉が透明! 

一瞬 えーっ! 中が丸見え!

恐る恐る中に入り

鍵をかけると磨りガラス状に変わる仕掛けになっていました。

そりゃそうですよね、幾ら何でも。

 

洗面台や内部装飾もとても優雅でラブリー・・・

お花や香水瓶などが飾り棚に並べてあります。

 

機能性重視のドイツ、でないこともあるんだな、

と、

これまたひょんな事に感心した次第です♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市駅 徒歩3分

 

 

 

カラフルなパッケージ チーズ大国オランダ♪

f:id:kiraritto:20191013142032j:plain


アムステルダム中央駅の一角に、

一際目立つチーズ屋さんがありました。

パッケージがどれもとてもカラフル!

 

それぞれ違ったハーブが混ぜ込んであったり、それらのミックスであったり、

牛のチーズだったりヤギのチーズだったり、

種類の多さにまずびっくりです。

 

定番のゴーダチーズも切り分けて真空パックしてあるものが置いてありました。

 

この球形のチーズは一つが350gもあるので、持ち帰るとなると、

ちょっと考えます。

 

それでも試しにいくつか買って帰りました。

お値段も日本円にすると1500円くらい、

お手頃です。

 

一つ開けてみるとオレンジ色の綺麗な被膜で覆われていました。

オランダのチーズの特徴としてこのように色付きの厚い樹脂でコーティングして出荷されるんだそうです。

 

なので、この樹脂は取り除いてからということになります。

 

ローズマリーとタイムが混ぜ込んであるチーズを早速食べてみましたが、

セミハードタイプで、そのままでもサラダのトッピングなどにとても美味しい。

 

少し厚切りにして野菜と一緒にフライパンで加熱してみると、

とろ〜っと溶けて、これまたとても美味しい!

 

日本でも色々と海外のチーズが出回るようになりましたけれど、

なかなかこんなに種類豊富というわけにはいきません。

 

 

牛さんがたくさん放牧してありましたものね、

さすが酪農大国ですね♪

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市駅 徒歩3分

 

 

 

 

黒衣の肖像画にみるオランダの黒♪

オランダ ハーグのマウリッツハイス美術館アムステルダム

国立美術館に参りました。

 

何よりも驚いたのは、黒い服を着た肖像画がなんと多いことか!

 

首の周りには男女を問わずに豪華なレース飾りをつけていますが、

衣服はといえば黒一色なのです。

f:id:kiraritto:20191010123316j:plain

 

f:id:kiraritto:20191010125216j:plain

これなど背景のカーテンや椅子の色に高価なスカーレット(

緋色)が使ってあります。

このように黒を一層引き立たせる心憎い手法もよく見られます。
 

画家の肖像画はえり飾りがレースではありません。

そこにちょっと身分の違いが見て取れます。

f:id:kiraritto:20191010123525j:plain



何点か写真に収めるうちにどれもこれもがそうなので、

途中でやめてしまったほどです。

これは一体どういうこと?

 

 

黒服の流行はスペインハプスブルグ王家のカルロス1世の頃からと言われています。

 

カルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)はこのフランドルあたりにあったブルゴーニュ公国の家系で、

 

ブルゴーニュ公国時代から既に黒がもてはやされるようになっていた

ということらしく、

それがスペインの方に引き継がれたというのが正しいようです。。。

 

そしてスペインの黒は敵対国になったオランダやイギリスに伝播して

「オランダの黒」「イギリスの黒」となっていったようです。

 

王侯貴族が好むようになれば、下の者たちにも当然伝播していくわけですよね。

 

もう一つ

黒が流行した理由は、16世紀からの宗教改革だったと言います。

 

戒律を厳守、清貧を尊ぶ宗教改革は色彩の追放へと動いていきます。

 

 ということから

これらの美術館に収められている北方ルネサンスの画家たちも黒い肖像画

多く残しているというわけでした。

 

プロテスタント画家のレンブラント(1606-1669)の

「テュルプ博士の解剖学講義」(1632)

f:id:kiraritto:20191010123605j:plain

 

先生も生徒も皆黒い衣服です。

 

f:id:kiraritto:20191010123642j:plain

 

「夜警」(1642)(現在修復中で修復の様子をガラス越しに見せていました)

も全体的に暗い色調で、黒服を着ている人々が多いです。

レンブラントもセピア(イカ墨の色)をよく使用したと言われます。

 

このころは職業や身分を問わずに黒が着られていたことがわかります。

 

黒い肖像画ばかりなのも納得です♪

 

さらに面白いことにヨーロッパ中に流行したかに見える黒ですが、

フランスだけは黒に染まらなっかということなんです。

 

確かにそうですよね、

ルイ王朝の肖像画はもっと色彩豊富な華やかなファッションですよね。

 

ところで

黒以外ももちろん。。。

私たちにもおなじみのフェルメールの作品、

当時高価なラピスラズリをふんだんに使ったブルーがとても印象的です。

 

近くで見ると、
もっともっとブルーの色が冴えて見えます。

f:id:kiraritto:20191010123827j:plain


f:id:kiraritto:20191010124724j:plain

 

 

f:id:kiraritto:20191010124751j:plain

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市駅 徒歩3分

 

 

 

ベルギー・オランダ 繁栄の鍵は 港・川・運河⁉︎ 

聞いてはいたもののオランダをバスで走ってみるとどこまで行っても真っ平、

さらにあちこちに沼地も見られます。

国土の1/4が海抜0メートル以下だそうで・・・

f:id:kiraritto:20191009205649j:plain

遠くに見えるキンデルダイクの風車群も運河の中に浮いているように見えます。

 

しかし

船が主な輸送手段だった頃、

水運の良さこそが繁栄の鍵を握っていたということでしょう。

f:id:kiraritto:20191009205849j:plain

 

ベルギーやオランダの都市も運河沿いが多く、その昔はまさに家のすぐ前に船をつけて荷下ろしをしていたのだと言います。

f:id:kiraritto:20191009205802j:plain

その証拠にオランダの住居の正面上には船からの荷物をロープで釣り上げ、

直接建物内に入れるためのロープを引っ掛ける道具が備え付けられています。

 

f:id:kiraritto:20191009205825j:plain

運河の流れに沿って建物が並び、街が出来上がっています。

 

そして

ここはかつて運河だったのでは?と思えるようなカーブをよく目にします。

道路を挟んで建物が緩やかな曲線を描いているのです。

 

 

f:id:kiraritto:20191009205928j:plain

ここはスペインハプスブルグの皇帝カルロス1世でかつ神聖ローマ皇帝カール5世の出身地ベルギーのゲントです。

当時世界一の繁栄を誇っていたこの街を含め、フランドル地方はスペインの

まさにドル箱でした。

 

この運河に大型船が近年まで入港していたと言います。

戦災も免れ、中世の街並みが残っています。

 

 

かつての繁栄の夢の跡といった感じです♪

 

北方ヨーロッパの気候の中で、

運河の色と街の色が溶け合って落ち着いた調和を生んでいます♪

 

余談ですが、

幕末太平洋を渡ったあの咸臨丸は、江戸幕府がオランダに発注して、

オランダのキンデルダイクにて建造されたそうです。

 

そんな繋がりもあったんですね。。。♪

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市駅 徒歩3分

 

 

気品溢れる赤 アムステルダム中央駅♪

f:id:kiraritto:20191009193403j:plain


東京駅のモデルとなった駅というだけあって、

外観はとてもよく似ています。

 横長のスタイリッシュなフォルムは写真に収まりきれませんでした。

 

ただ本家本元のレンガの赤はひときわ冴えている感じです。

グレーの屋根とのコントラストも効いています♪

 

装飾も西洋風でちょっと華やか、それでいてシャープな感じ・・・、

とても美しいです♪

 

しかしその周辺はといえば、東京駅が整然としているのに比べて、

こちらの方は、

気品溢れる駅舎とは裏腹に人の流れも街の様子もどこか雑然とした趣です。

大きなスーツケースを引きずった若者が多く行き交っていました。

 

それもそのはず、

前も後ろも運河?川?はたまた海?

駅舎にも橋を渡って行くという

いかにもアムステルダムらしい立地にあります。

 

f:id:kiraritto:20191009194018j:plain
 

少し離れたやはり運河沿いの『ホテル ドゥ ヨーロッパ』、

こちらも色合いが似たようなクラシックな赤い建物です。

窓ガラスにブルーが映っているのもとても綺麗です。

 

f:id:kiraritto:20191009194045j:plain

こちらはレンブラントフェルメールの作品が収められている

アムステルダム国立美術館です。

 

横長の外観も色もアムステルダム中央駅ととても似ています。

何れにしても優雅なとても格調高い趣が感じられます♪

 

余談ですが、

アムステルダムは自転車大国、

自転車道が整備されていてものすごいスピードで、またものすごい量の自転車が

往来を走り抜けていきます。

 

美術館の前でもあわや轢かれそうに!

気をつけていないとヒヤッ!とさせられます。

 

運河が張り巡らされているので、自動車よりも便利なんですね♪

  

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市駅 徒歩3分

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレート店ひしめくベルギー♪

f:id:kiraritto:20191009134841j:plain


特にブリュッセルの中心 グランプラス周辺など日本でもおなじみのチョコレート店が軒を連ねています。

 

どうしてこんなにベルギーでチョコレートが有名なんでしょう???

 

 

新大陸で現地の人々が「神の贈り物」として飲み物として飲んでいたというカカオ、

初めは「飲むチョコレート」でした。

それがオランダ人やスイス人の手を経て、現代の私たちが食べているような固形のチョコレートになったのが19世紀のことだと言います。

 

ベルギーのチョコレート店も19世紀後半以降の創業です。

ベルギーはお隣のフランスよりもグルメ大国と言われるほど.

 

食べ物も確かに美味しいですしね。

チョコレートの繊細な甘さや味わいにも

磨きがかかったということでしょうか?

 

 

日本では贈答品としてしか買わないような名店のものも、

こちらでも安くはないですが、それほど頑張らなくてもいいお値段です。

 

f:id:kiraritto:20191009134904j:plain

ゴディバのイチゴのチョコディップはベルギー限定だそうです。

そうでしょうね。フレッシュなイチゴですから・・・

こうなるとスナック感覚です。

 

ベルギーワッフルも日本で流行りました。

ブリュッセルワッフルとリエージュワッフル

日本でワッフルと言っているのはどうやらリエージュワッフルの方のようで。。。

f:id:kiraritto:20191009134920j:plain

(向こう側がブリュッセルワッフル、手前がリエージュワッフル 大きさや生地の硬さ、生地の甘さが違います)

 

ボリュームがあるので、お昼のランチとして食べてちょうど良いくらい。

f:id:kiraritto:20191009135130j:plain

定番のムール貝のワイン蒸しもお鍋いっぱい!

添え物のはずのフライドポテト(こちらではフリッツ)もボウルいっぱい!

f:id:kiraritto:20191009135217j:plain

 

いやはや 上品なのはチョコレートだけ???

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市駅 徒歩3分

 

 

 

石畳、石造りのグレーな小径 ベルギー デュルビュイ♪

f:id:kiraritto:20191008215152j:plain


デュルビュイはベルギーの南東部の川沿いの小さな街です。

川沿いの切り立った崖の上には元は要塞として建てられたこの街のシンボル、

ウルセル伯爵城が見えます。

こちらの橋から向こうに見える橋までほどの小さな村?のようであって

実は

世界一小さな都市として認知されているそうです。

 

鉛色の空模様と相まって、

古びた石畳のグレー、石造りのグレーが街全体をすっぽりと覆っています。

f:id:kiraritto:20191008215213j:plain

そしてジビエ料理、生ハムなど美食の街、

 王室御用達の4つ星レストランもあるそうで。。。

f:id:kiraritto:20191008215712j:plain

 

 

地ビールも多い。

さすがにベルギーはビールが有名なだけあってどこに行ってもいろんな地ビールがあります。

f:id:kiraritto:20191008215228j:plain

しかも白い小麦のビールだの、黒ではなくブラウンだのオレンジ色だの、

赤紫色のチェーリービールだの・・・珍しい色合いの(もちろんお味もそれぞれ個性的なんでしょうけれど)種類が揃っています。

ほとんど飲めない私でも興味をそそられます。

 

そしていわゆるビールグラスでは出てきません。

そのビールに合わせたグラスで提供されるんだと言いますが、

ブランデーグラスのような膨らんだグラスで出てくることも・・・。

 

この街で取れた食材だけで作ったというジャムの専門店がありました。

珍しいタンポポのジャムなるものを買ってみました。

 

日本人がよく買うそうで、お店の方も

タンポポタンポポ・・・」と。

 

蜂蜜のような色をしていましたが、食べてみるとゼリー状のやはりジャムかな?と。

これがタンポポの味???かどうかはそう信じるしかありません。

何せ初めて食べますから。

f:id:kiraritto:20191008215258j:plain

ジャムのお店の前ですが、

石のグレーに赤い花、緑のシンボルツリー、

まとまった色合いの中に際立って

アクセントになっています。

 

無駄な色がガチャガチャとないのがとても落ち着きます。

 

f:id:kiraritto:20191008215612j:plain

ハム屋さんの前にはブタくんがのぞいているユニークな置物が。。。

なんとも微笑ましい!

f:id:kiraritto:20191008215640j:plain

レトロな赤い郵便ポストもいいですね〜♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市駅 徒歩3分