福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

久々のお菓子教室 いとのもりのおうち 糸島市♪

f:id:kiraritto:20201121152320j:plain


タルト生地を空焼きしてからナッツと中種を流して焼き上げました。

生地がだれてしまうことなく、手早く型に敷きこむことができました!

 

 

出来上がりをお持ち帰りいただいてから、

ご家族と楽しんでいただくということにしました。

どれもとてもよくできました♪

 

感染対策も、よくできたかなと思います。

 

次回はココアスポンジにチョコレートをコーティングしたケーキです♪

そのままクリスマスケーキにできますね。

 

10:00~と13:30~のクラスがあります。

いずれも4名さままで。

 

お問い合わせ、お申し込みは

090-5381-5266(波多江)いとのもりのおうち

です。

 

f:id:kiraritto:20201121152342j:plain

 

 

f:id:kiraritto:20201004101643j:plain

 

"鬼滅の刃” 衣装の色が気になる♪

f:id:kiraritto:20201118133402j:plain


アニメには全く疎くて、この作品もまだ見たわけでもなくて、

話題にさせてもらうのは、ちょっと気が引けます、が、

稀に見るヒット作だということらしく、

さすがにあちらこちらで見聞きするようになったので、

見た目の衣装の、しかも色についてちょっとだけ・・・。

 

カラーリストですからね、、、

何よりもまず、

”色”が気になるんですよ。

 

実は、緊急事態宣言が始まった頃、お裁縫でもしようかと、

ネットで生地を探していたときに、

ん?何この色? 

なぜ急にこんな路線のものが出てきたの?って、

思っていたんです。

 

これまでにない、あまりに斬新な配色の生地が、

しかもなぜか日本の伝統紋様なんですよね。

さらにさらにそれが売れ筋人気ランキング上位に並んでいる???

 

鬼滅のことなど全く知らなかった私はなんとも合点がいかないでおりました。

 

なんとこれだったんですね。ようやく納得!

 

黒に緑の市松紋様、

桃色に薄茶の麻の葉紋様、

他にも亀甲紋様の衣装などもあるみたいですし。。。

 

あやかって緑色の「ちくわ」まで出てきたんだとか、ニュースで言っていました。

 

「緑」と「黒」を大胆に使っているところなど、

色彩心理的に見ても面白いところがありそうです。

 

日本には曖昧な優しい、いわば自然の色合いを好む傾向もあれば、

全く逆に仏教伝来とともに

絢爛豪華な斬新な配色をも難なく受け入れてきたという伝統文化があります。

 

ですから、

現代人も

色彩に関しても、ものすごく柔軟に発想し、取り込み、また受け入れる素養があるのではないかなと感じました。

 

数年前には

アナ雪ブームとかで、女の子たちに淡いパープル人気がありました。

ランドセルにもその影響があったようです。

 

さてさて

来年のランドセルの色にも影響があるかもですよ♪

 

ちなみにこの作品、

作者の方は福岡県の女性の方だとか、福岡県の宝満山だの、太宰府だのと、

福岡とは、とってもご縁が深いらしいですね。。。

 

 

そういえば、

私が子供の頃は小学校6年生の秋の遠足は宝満登山と決まっていました。

修験者の山らしく、登山道が上まで石段で、かなりきつい思いをしたのを思い出しました♪

 

f:id:kiraritto:20201004101643j:plain

 

 

糸島市 伊都の杜 お菓子教室再開♪

ずっと自粛休講が続いておりましたが、

定員を4名様に限って、感染対策を徹底して、ジワリと再開することになりました。

 

刻んだナッツをたっぷり、

メープルシロップを加えた優しい甘みの中種をタルト生地に

流して焼き上げます。

サクッと簡単!

味わいも色合いもとっても秋らしいスィーツです♪

 

調理器具の使い回しを避けるために、お一人で一台作っていただいて、

試食タイムはなしで、

そのままお持ち帰り、ということにいたしました。

 

13:30~のクラスに加え、10:00~のクラスもございます。

 

お問い合わせ・お申し込みは

いとのもりのおうち:090-5381-5266 (波多江)

です。

楽しみにお待ちしております♪

f:id:kiraritto:20201110094555j:plain

 

 

f:id:kiraritto:20201004101643j:plain

 

足元はつわぶきの黄色♪

f:id:kiraritto:20201104194703j:plain


つわぶきの花はこの時期一斉に開花して、

結構長く存在感のある黄色を楽しませてくれます。

糸島市の実家の裏庭も今花盛り。

f:id:kiraritto:20201104194716j:plain



道端や山の斜面などにもよく見かけます。

秋色らしく、力強く、そして艶やかな黄色です♪

 

熊本県菊池渓谷付近、

全体的には紅葉はまだまだ・・・、

でもこんなに綺麗な色になっているところもありました。

f:id:kiraritto:20201104194751j:plain

秋空とセットで鮮やかです♪

これからですね。

 

f:id:kiraritto:20201004101643j:plain


 

アースカラーに渡る秋の風 久住高原♪

f:id:kiraritto:20201020180423j:plain



九重町(ここのえまち)と言ったり、九重山(くじゅうさん)とも言うし、

久住高原もある。

面白いですね。

 

ススキは近頃では平地ではあまり見かけなくなってしまいました。

でもやはりいいですね、

少し侘しい秋らしい情景です♪

 

秋といえば紅葉の色を思い浮かべますが、

その強くインパクトのある色合いとは対照的に

ススキのような枯れた穏やかな色合いをアースカラーと呼んで、

これまた、秋を代表する色合いです。

 

f:id:kiraritto:20201020180441j:plain

寒暖差が激しいためか、紅葉もちらほら始まっています。

 

くじゅう花公園のフジバカマには「アサギマダラ」と言う蝶々が乱舞していました。

なんでも日本列島を縦断して南は沖縄や台湾まで2200キロ以上も飛んでいくのだそうです。

f:id:kiraritto:20201020181135j:plain

アゲハ蝶よりは少し小ぶりな蝶々なのに・・・

f:id:kiraritto:20201020181157j:plain

この蝶々、藤袴(フジバカマ)の花が好きなんだそうです。

藤袴といえば、秋の七草の一つ、

この花がお好みとはなんとも風流。

アサギマダラのアサギとは浅葱色(アサギ色)から来ているのかも?

うっすらと淡いブルーの羽をしています♪

 

f:id:kiraritto:20201020181337j:plain

薄紫色の野菊も美しいです。

 

f:id:kiraritto:20201020181438j:plain

秋の夕焼け雲が遠く阿蘇五山の頂に帯状にかかって見えています♪

 

f:id:kiraritto:20201004101643j:plain

 

 

宇佐神宮 圧巻の朱色の大鳥居♪

f:id:kiraritto:20201004102236j:plain


宇佐神宮は是非訪れてみたいところでした。

 

あまり派手な印象がない九州大分県

湯布院、別府など、名だたる温泉地で有名なところではありますが、

 

実はここ”豊の国 宇佐”の宇佐神宮は は全国4万社の八幡様の総本山、

記紀の時代からの由緒格式高き神宮だと聞いていました。

 

朱色の鳥居もこれほどまでに大きいと圧倒されます。

朱色の大鳥居は中に進むにつれ、幾つも鎮座ましています。

鳥居から見える向こうの山が全てが、神様のおわすところといった感じです。

 

社殿も朱塗り。

平面的な写真ではわかりませんが、かなりのスケールです。

f:id:kiraritto:20201004101142j:plain

全国でも稲荷神社系統と八幡神社系統の鳥居が朱色だそうですが、

ここはそれらの総本山らしくまさに朱色!

 

伊勢神宮出雲大社などは白木の鳥居ですよね。

 

日中はやや蒸し暑さも残る中、境内は深い緑に覆われ、

荘厳で心洗われる時間を過ごすことができました。

 

石畳に樹々の緑、そして所々に朱色が見えます。

いい感じです♪

 

f:id:kiraritto:20201004101239j:plain

 

f:id:kiraritto:20201004101643j:plain

 

田園風景の彩り彼岸花♪

f:id:kiraritto:20200922200855j:plain


福岡はシルバーウイークの間中お天気に恵まれました。

やっと涼しくなり、秋らしくなったというか、

とても清々しい秋晴れでした♪

 

行楽地も賑わいが戻ったようですね、ニュースが伝えていました。

 

福岡市西区の山手の田んぼの畦は、

こうべを垂れた稲穂が実る田んぼを縁取るように

赤い彼岸花が咲きそろっていました。

 

毎年のことですが、

この風景、本当にいいですね〜

元々は彼岸花の毒気のある球根でモグラなどが入るのを防いでいたということですが、

この色合いはなんとも素敵です。

 

時には赤に混じってクリーム色の彼岸花もあります。

田んぼの最後の彩りです。

f:id:kiraritto:20200922200918j:plain

彼岸花が終わると稲刈りも近いです。。。

 

f:id:kiraritto:20200922200935j:plain

土手にはこんな可憐な花も咲いていましたよ〜

 f:id:kiraritto:20200112160349j:plain