福岡のカラーリスト中村秀子のキラリ彩り日記

福岡のカラーリスト、中村秀子のカラーブログです。身の回りのカラーや色彩についての気付きや感動を日々アップして参ります。

自分が見えてくる! 好きな言葉から♪

f:id:kiraritto:20170822174216j:plain

ベストスタイルのご提案をさせていただくときには、

単に体型やお顔立ちなどの外見的要素だけではなく、その方の内面的なところを

よくヒアリングさせていただくことが大切になってきます。

 

その手がかりを得る方法として、

たくさんの言葉の中から、ご自分が好きな言葉、大切にしている言葉を

例えば20語選んでいただく、ということをいたします。

 

 

例えば「華やかな」「誠実な」「都会的な」「朗らかな」・・・

などといった形容詞になります。

 

面白いですよ〜 

不思議なことに、これをしていただくとその方の生き方や、

大切にしていること、

こうなりたい自分というようなことが、

本当によく見えてくるんです。

 

自ずと、どの様なファッションがぴったりなのか、

というのも見えてきます。

 

「色」も「明るい」とか「清々しい」というとこんな色、

というふうに「言葉」とイメージがつながっています。

「ファッション」についても同様なのです。

 

言葉の力は大きいですね。

言葉にすると具体性が出てきて、わかりやすいです。

 

 

もちろんこれを調べただけでは終わりません。

ここからがベストスタイル診断の始まりです♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪

 

 

 

 

 

 

古代史浪漫♪ 糸島市 平原(ひらばる)弥生古墳

f:id:kiraritto:20170821092911j:plain

糸島市の平原弥生古墳は、知る人ぞ知る有名な古墳です。

八咫の鏡(やたのかがみ)」という直径46,5センチメートルという大鏡が四面も出土したという、またその他の青銅鏡も含めると39面、ほかおびただしい副葬品が埋葬されていたということです。

 

他のどの古墳でもこれはど大きな鏡は発見されておらず、同じものが伊勢神宮天皇家にだけあるのだということでした。

 

日本の神話の天照大神邪馬台国卑弥呼に関係があるお墓ではないか?

、ひいては天皇家のルーツ説まで、

興味深い話題でいっぱいです。

 

 

近くの伊都歴史博物館に復元展示せれていたり、発掘調査のあとこのように埋め戻されて公園に整備されているのですが、これほど重要な出土品がありながら、もちろん国指定の史跡ではありますが、その扱いがここ糸島市でも地味な感じです。

 

もっともっと知っていただきたい遺跡です。

f:id:kiraritto:20170821092948j:plain

昨日はその発掘調査の時からかかわっておられ、それ以後ずっと平原遺跡の研究、保存に携わって来られている井手将雪さんの講演を伊都文化会館で拝聴いたしました。

 

井手さんは発掘者の原田大六さんの遺志を引き継ぎ、古事記日本書紀の研究をされて、後生に伝える役目をになっておられます。

 

でも井手さんもやはりその点をとても危惧されていました。

 

 

糸島周辺にはとにかく古墳が多いです。もうあちこちにあります。

私が住む街もかつては糸島でしたから、駅前のイオンの前も大きな古墳で、今は公園になっています。

 

そしてどこよりも早い時期の古墳から新しい時代のものまで切れ目なくあるのがここ糸島だそうです。

 

稲作の始原地でもあります。

 

古代史のロマンはつきません・・・♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪

 

秋に向かって少しずつ♪

f:id:kiraritto:20170816203222j:plain

糸島の田舎では15日の夕方にお寺で盂蘭盆会があって、檀家の方々が集います。

そこで田舎のお盆は終わりです。

 

お盆が終わっても福岡は残暑が厳しいです。

関東以北ではずっと雨だそうですね。

夏らしくない夏というのもこれまた困ったものです。

 

 

作物の生育に支障が出るのはもちろんですが、人間様も同じなんですよね。

過去にそんな年がありましたが、

秋になってから調子が悪くなったりしました。

 

 

f:id:kiraritto:20170816203251j:plain

 

今日は久しぶりに近所を歩いてみましたら、

田んぼのが順調に生育して、ゆさゆさと風に揺れていました。

早場米でしょうか、中には稲穂が出てきているところもありました。

 

一時は水不足が危ぶまれましたが、このところのお湿りでそれも解消です。

一面緑の景色はやはり気持ちの良いですね。

 

 

遠くからは白い花のようにも緑の葉っぱのようにも見える草花の中に、

真っ赤な千日紅が、

ちょうどいい具合にところどころ顔を出して咲いていました。

偶然にできたコントラストのようですが、

ポップな感じで目を引きました♪

f:id:kiraritto:20170816203408j:plain

 

いつのまにか青いイガグリ柿の実もかなり大きくなっていました。

 

実りの秋までもう少し・・・♪

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪

 

この迫力にびっくり!!!

f:id:kiraritto:20170808211452j:plain

立秋を過ぎてもなお酷暑の夕方、

久しぶりに福岡市西区の山手の方を歩いてみると、

農道脇の畑に巨大なひょうたんがいくつもぶら下がっているのを発見しました。

ウリのようなごく薄い緑色で、まだら模様です。

 

その重さを支えるために板の上に乗せられて上から吊ってあります。

ちょうど横で農作業をされている方がいらっしゃったので、お尋ねして見ました。

 

「この瓢箪、ずいぶん大きいですけど、何に使われるんですか?」

 

「それがね、そこは私の畑じゃないんですよ、

どこかよそでいつも瓢箪を作っていたらしいんですけど、今年はここで作られてるようなんですよ、何にされるんでしょうかね〜、

私も見たことありませんよ、こんな大きいの!」

 

と、やはりびっくりされるだけで、その用途はご存知ありませんでした。

 

毎年作っていらっしゃるだけあって、立派なものです。

なかなかこうはいかないんじゃないでしょうか?

 

でも毎年作って何にされるのか興味ありますね。

昔ならば、水筒がわりとか、置物にしてあるのなんかを見たことが

ありますけれど・・・。

 

 

ところで

「ひょうたんから駒が出る」という言葉がありますが、

このとはのことなんだそうです。

 

『故事ことわざ辞典』によると

思いもかけないことや道理上ありえないことが起こること、

また冗談半分で言ったことが現実になること、とあります。

 

真ん中がくびれた口が細い瓢箪から馬が出てくるという発想、

いかにもありえません。

考えてみればすごい表現ですね♪

 

 

どうやって処理するのかも気になります。

 

上の細い口の部分に穴を開けておいて、

重石をして、全体を水の中に数週間浸して腐らせるのだそうです。

そうすると中身も出てくるし、外側の皮もはげてしまう。

それから乾かせば出来上がり、というわけ・・・らしいです♪

 

さらに柿渋を塗ったり、現代では色々な塗料を塗ったりされるようですけれど。。。

でもこんなに大きくなるとね〜

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味わい深いマルティグラス♪ はかた伝統工芸

f:id:kiraritto:20170806173904j:plain

 

はかた伝統工芸には博多織や博多人形、博多独楽などがありますが、

マルティグラスについては知りませんでした。

 

正式名称は MULTIPLE  LAYER  GLASS(マルティプルレヤーグラス)と言って、

性質の違う色々な色のガラスが何層にも積み重ねられた

多重積層ガラスという意味だそうです。

色が重なるというのは素敵ですね。

 

 

1919年に福岡県で中島広吉により、手吹きによる「中島硝子製造所」が

設立されたのが始まり。

1937年のパリ万博では、中島広吉が出展したゴールドグラス(唐草紋様大鉢)が

ガラス工芸の分野で日本では初のグランプリを受賞しています。

 

現在は福岡県知事指定特産品の指定を受けて、

福岡県福津市に工場があるようです。

 

 

実家には母が結婚の時に知人から頂いたというグリーンの

マルティグラスの鉢が置いてあります。

なんでもグリーンが好きだった母が気に入って大切にしていたので、

今でも飾っているんだということでした。

 

そういえば、ずっとうちにありました。

昭和のレトロ感たっぷりの代物ですが、厚みがある、なだらかな曲線と白の分量が

ちょうどよくてなるほど、いい感じです。

 

 

f:id:kiraritto:20170806174001j:plain

こちらは新しいものですが、

冷茶器にも、小鉢としても使えます。

均一ではない厚みがあって、持ちやすく安定感があり、口当たりがとても

いいのです。

何よりも夏にはうってつけ、とても涼しげな色合いです。

 

時に濃い紫にも見える茶系と、ブルー、白が混ざった水色の刷毛目のような

デザインになっています。

 

何れにしてもひとつとして同じものがないという完璧な手作り品です。

同じように見えますが、少しずつ違います。

多重積層を作るのはとても難しく、熟練の技が必要だといいます。

 

 

福岡のガラス工芸品でこんな素敵なのがあったんですね、

マルティグラス、

ガラス製品ですけれど、不思議とガラスとは思えない素朴な温かみを感じます。

とても味わい深いです♪

 

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

がまの穂 街の水路に群生♪

f:id:kiraritto:20170805110427j:plain

神話の『因幡の白兎』に出てくるあの蒲の穂です。

沼や池や川などの水の中に根を張って、葉っぱや茎は水面に出ている植物を

抽水植物というそうですが、まさにそれですね。

 

久しく見たことはありませんでしたが、

福岡市西区の九大学研都市のこの辺り、近年新しく街ができたところで、

おそらく元々あった川が水路に整備されたのだと思いますが、

珍しいことに、そこにゆさゆさ揺れながら群生しています。

 

 

両岸が高くなった道路ですから、近づくことはできませんので、

上から見るだけです。

今年は雨が降らず水量が少なく、生息地が狭められている感じです。

 

この水路、結構いろんな生き物が見られます。

水量は少ないのに、水のあるところには、ボラでしょうか、

小魚が群れをなして泳いでいるのが見えたり、

亀も2匹ほど発見しました。

小学生たちが騒いでいると思ったら、エイがいたりと不思議な水路です。

 

そんな水路に群生しているガマですが、

夏になるとこうして、葉の間から茎が伸びてその先に花穂をつけるということです。

 

がまの穂の色は蒲色(かばいろ)という色名にもなっています。

かなり濃いめの黄赤色をいうようです。

 

黄みがかった緑色の葉っぱに、黄赤色の花穂は、その色合いといい、

風に揺れる姿といい、穏やかな癒し系です。

 

また「うなぎの蒲焼、蒲鉾」などもその形が元は「がまの穂のような形」

をしていたらしく、そこからのネーミングだそうです。

 

古くからとても身近な植物だったということですね♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪

 

ときに恵みの雨♪

f:id:kiraritto:20170804132728j:plain

(8/4正午 NHKニュース映像)

迷走台風5号が週明けにも九州直撃の様相です。

九州北部豪雨で被害を受けた福岡県朝倉市東峰村では、再び被害が出るのではと

心配されています。

 

糸島市や福岡市はその時も大して降らず、それからも全く降っていません。

実家の庭もカラカラで、枯れそうな木もあって慌てて水撒きです。

 

 

以前に沖縄に移住した知人からこんな話を聞きました。

 

その方が

「沖縄は本当にいいところ、でも台風だけはたまりませんね〜、

来て欲しくないですね〜」

と何の気なしに地元の人に話したところ、

 

「何をおっしゃる! 沖縄には大きい川もありません。

台風による雨が頼りなんですよ!

台風が来てくれるからありがたいんです。」

とおこられたそうです。

 

私もいつも思っていました。

沖縄を始め南の方の島は毎回のように台風の進路にあったっていて、

さぞ大変だろうな、と。

 

もちろん下手をしたら甚大な被害をもたらす台風ですから、

大変に決まっています。

それでも水不足に苦しむことを思えば、恵みの雨をもたらしてくれるのです、

悪くいっちゃいけないよ、ってことでしょうか。

 

 

どんなにあがいても、自然の存在とその力は大きいです。

そしてその中ではひたすら謙虚に生きていくしかない私たちなんだと感じます。

今回の台風も恵みの雨であってくれますように♪

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

f:id:kiraritto:20170225152019j:plain
標準光ベストカラー診断 福岡サロン
キラリット
代表 :中村 秀子
メール:kiraritto.color@gmail.com
℡  :090-9400-7716(なないろ)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
🌟福岡市西区 九大学研都市サロン、
 糸島市二丈上深江サロン をお選びいただけます♪